テーマ:スミレ

コスミレの返り花が・・

台風一過で、昨日より気持ちがよい秋日和になった 今日、近くを歩いていると コスミレのわれた実をたくさんつけているのが見えた われた実にはまだ種がたくさん入っているのもあった コスミレはどんどん花を咲かせているのだ といってもこの時期は閉鎖花だろうが・・・ と思ってコスミレをよく見ていると 閉鎖花も目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アギスミレ

今日、六甲を歩いているとアギスミレの花が咲いていた アギスミレはツボスミレの変種 ツボスミレともども神戸のスミレの最後を飾るスミレだ アギスミレの葉は基部が半月状に湾入している アギスミレとツボスミレは花は同じだ 葉の基部が半月状に湾入しているところがちがう アギスミレの筒部はツボスミレ同…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タチツボスミレの花がいま

今日、六甲を歩いているとタチツボスミレの花がたくさん咲いていた 淡い色のタチツボスミレの花はすごく明るい雰囲気をつくっている タチツボスミレは広くひろがり あちこちで花園をつくっている 神戸でよく見る「タチツボスミレ」の名をもつスミレは 山でよく見るタチツボスミレ 低山や里で見ることが多いナガバノタチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレは神戸では多様だ

昨日六甲を歩いているとあちこちでシハイスミレの花が咲いていた シハイスミレは神戸の山ではよく見るスミレだ だが、このシハイスミレは六甲独特のもののように感じている 下の画像は神戸の西部の山で見たシハイスミレだ 葉が水平かやや上向きにのびていて葉の位置は花より低い いがりまさし氏は山渓ハンディ図鑑6 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレを見ながら

今日は久しぶりにからりと晴れた日だ ソメイヨシノの花がみごとに美しい 土手ではノジスミレの花が元気に咲いていた ノジスミレは土手などで群生していることが多い まさに野路あるいは野辺のスミレだ ノジスミレの花の色はまさに菫色(すみれいろ)に感じる まさにスミレといいたい ところが真のスミレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの花が

今日はよく行かせていただいているビオトープへ行き 少し作業をした 神戸の街ではソメイヨシノの花が見ごろを迎えている ビオトープでは7種のスミレの花が咲いていた スミレとノジスミレが乱れいるように咲いていた この2種はよく似ている スミレの花はまさに菫色だ ノジスミレの花の色は青みががかった紫色だ スミレはまさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレが

今日は自然教室があり、よく行っているビオトープのところへ行った やはり今年は花がおそく、まだ花が少ない そのなかでヒメスミレの花が咲き誇っていた 「いまが花の盛りだ」といっているように ヒメスミレが咲き群れている姿を見て とてもうれしい気分になれた ヒメスミレは花がやや小さく花弁が細い まさに「姫」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレの花がやっと

近くの山を歩いているとニオイタチツボスミレの花が咲きだしていた 例年より開花したのを見るのがおそいから 花咲く様子を見てとてもうれしかった ニオイタチツボスミレの花は濃淡はっきりしていてとても美しい わずかにいい香りを放っているのだが 私はその香りに気づくことが少ない 今回、ニオイタチツボスミレを見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオイスミレの花がやっと

今日、近くの山を歩いていると アオイスミレの花がぽつんと咲いていた アオイスミレはこの辺りでは開花が一番早いスミレだ 今年はこの時期の花がおそい ナガバノタチツボスミレの花もまだ見ない 冬の光景が続いている それだけにアオイスミレの花を見てとてもうれしかった アオイスミレは例年はこの時期にはたくさん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレの花が

今日近くを歩いていると 道端の土手でアリアケスミレの花が咲いていた この白い花はとても目立っていた 近くにカンサイタンポポの花も咲いていて 白色と黄色が共演していてとてもいい光景だった アリアケスミレはこのような自然度の高いところでも生えるのだなぁ・・ アリアケスミレはコンクリートの割れ目などでよく見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノタチツボスミレを見ていて

今日、近くを歩いていたら ナガバノタチツボスミレの大群落に出会った まるでお花畑だ あかるい花が咲くナガバノタチツボスミレの様子は 春の明るさを感じる ナガバノタチツボスミレの花は かたちも整っていて美しいよ 里の身近なスミレの代表だ ナガバノタチツボスミレは茎をもっていて 茎の途中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグロシハイスミレ

近くの山でハグロシハイスミレの花が咲いていた 六甲では葉の表面が緑色のシハイスミレばかり見るが 西神戸の山では葉の表面が黒紫色のハグロシハイスミレを多く見る まもなくハグロシハイスミレの大株があちこちにある ハグロシハイスミレの群落を見ることができる 近くの山にも葉の表面が緑色のシハイスミレも見る と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレの花が

今日はよく行かせていただいているビオトープへ行ったら ノジスミレの花がたくさん咲いていた ノジスミレは大好きなスミレなのだ スミレ類の代表といえばスミレ 区別するためにマスミレと呼ばれている スミレ(マスミレ)の花はきりりとしている 花の色もまさにバイオレット それに対してノジスミレの花はどことなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレを

昨日、六甲を歩いているとシハイスミレの花が咲きだしていた シハイスミレは人里では見られず 近くの山ではよく見るスミレだ なじみのスミレなのだが、シハイスミレを見ると スミレの種類の複雑さを感じる シハイスミレの花の花の色などはかなり濃淡、多様だ 柱頭はカマキリ型で側弁の内側は無毛だ シハイスミレの距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスミレを見ながら

今日、人里近くを歩いていたら 道端でコスミレの花が咲いていた いろいろなスミレの花が咲きだしてきたのだ コスミレの花は上弁が上へあがっていて ウサギのように見えてかわいく感じる コスミレはたくさんの花がかたまって咲いていることが多い 株が大きいものが目立つ コスミレは小菫という意味らしい だけど小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノタチツボスミレが

このあたり(神戸市西部)で春早くに見るスミレは ナガバノタチツボスミレとアオイスミレだ もうこれらの花をよく見る時期なのに・・・ 何故かアオイスミレがまだ花をつけていない 近くの山でナガバノタチツボスミレの花がやっと咲き始めた 淡紫色のナガバノタチツボスミレの花を見ると スミレの季節の幕開けを感じるのだが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレの花が

今日、よく行かせていただいている ビオトープを覗いてみると ヒメスミレの花がたくさん咲いていた 砂地のところでたくましく花が咲いている感じだ ヒメスミレの花は名のとおり 花は小さくて花弁が細い まさに姫菫だ スミレといえばViolet、マスミレが思い浮かぶ ヒメスミレはスミレ(マスミレ)の兄弟のよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレだね

今年はスミレ類の花が咲きだすのがことのほか遅い 今日、観察会に参加して、歩いていても スミレ類の花が目に入らない そのように思いながらいると、 突然「ナガバノタチツボスミレ」の花が たくさん咲いているのが目にはいった。 すごくうれしい気分、うきうきした気分になった でも花をよく見ると花の紫色と白色のコントラスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノタチツボスミレの花が

昨日書いたコショウノキは この冬は特別に早く花が咲いて もう花が終わりの時期なのだ。ということを教えていただいた やはり暖冬、この冬は花が咲くのがとてもはやそうだ 例年ナガバノタチツボスミレの花が早く咲くところがある 「もしやもう花が咲いているのでは?」と思って その場所へ行ってみた だが葉は多く見るのだが花は・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コスミレの花が

今日、人里近くの道ばたで コスミレの花が咲いていていた この頃はヒメスミレの花を見ることもある 季節外れの返り花だ 変な気候に迷ってこんな時期に花が咲いた という感じだ コスミレは人里近くの日当たりがいい場所で見る 群れて花咲くことが多い、身近なスミレだ コスミレは小菫なのだが花の大きさは小さくはないし 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレの花が

今日、六甲で森林整備作業に参加させてもらった 何年か多くの人たちで作業をやってきているので 山は明るく素敵な状態になってきている そこではニオイタチツボスミレの花がかなり多く咲いていた その様子にわたしはすごく感激した だってニオイタチツボスミレはことのほか 日当たりが多いところで育つスミレなのだから・・・ それだけこの山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスミレ

知人にコスミレの大群落があるところを教えていただき 行ってみると、ちょうど花が見ごろの時期のコスミレの たくさんの株が点々と生えていて見事な光景をつくっていた 今年はするレ類の花が少ないように思う コスミレは近くで見るスミレだが 今年はなぜか花が咲いていないところが多い 3月中ごろに画像のようなコスミレを見て …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグロシハイスミレを見ながら

今日、近くの山を歩いていると シハイスミレの花が咲きだしていた たくさんの株が花を開いていた スミレの季節が進んでいるのだな シハイスミレは近くの山では多く見るスミレだ そこから少し歩いていると 葉の表が黒ずんだ「シハイスミレ」が目にはいった 葉の表が黒紫色のハグロシハイスミレだ そのまわりにはハグロシハイス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレ

今日、近くの山を歩いていると ニオイタチツボスミレの花が咲き始めていた 昨日、今日と寒い日が続いていて 春の花が開花を戸惑っているような仲だから 懸命に花開いている姿を見てうれしかった ニオイタチツボスミレの花は 色が濃くて中心部が白く抜けてメリハリがある ニオイタチツボスミレは気をつけてみていると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバノタチツボスミレが・・

今日は表六甲で作業をした そのときナガバノタチツボスミレを探したが 見当たらない 毎年この作業のときナガバノタチツボスミレの花を 見るのを楽しみにしているのだが・・・ 今年はその作業日が少し早いため花がまだ咲いていないようだ この時期の数日は花の開花にとってはすごい変化なのかなぁ・・・ よく探していたら日当たりがよい石崖で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイスミレが・・・

今日近くの歩行者用の道を歩いていたら 道端でニオイスミレの花が咲いていた 「スミレの花が咲いている!」 飛び上るほどうれしかった ニオイスミレは外来の植えられているスミレだ だがパンジーの花などと違って 「スミレ類の花だよ」という姿をしている ぴんと立った上弁、とがった雄しべの姿 などとスミレ類の花を見る目で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメアギスミレ

近くの山を歩いていると ヒメアギスミレが広い範囲に広がっていた ヒメアギスミレは茎が倒れたように広がっている 花はまばらに咲いている ヒメアギスミレの花を見ると ニョイスミレ(ツボスミレ)と同じように見える 太く短い距もニョイスミレと同じ雰囲気だ ヒメアギスミレの花はニョイスミレの花と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレ

今日歩いていると道端などで まだアリアケスミレの花がたくさん咲いていた アリアケスミレはしゃれた雰囲気のとても明るい花だ 赤紫のすじがすごく素敵だ アリアケスミレの名は花の色が変化に富むところから 有明の空にちなんで名づけられたという アリアケスミレの側弁基部には毛が多い 柱頭の先はほか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニョイスミレ

このごろニョイスミレの花を見かけるようになった このあたりでは一番開花が遅いスミレである ニョイスミレの花を見ると「もうこんな季節になったのだ」 と、過ぎ行くスミレの季節を感じる ニョイスミレは近くの山などでやや湿ったところで見る 白くて小さな花だ 唇片のあずき色の筋が入っていてとてもかわいい花だ 距が短くてぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレ

昨日、六甲でタチツボスミレの花をたくさん見た タチツボスミレは多く見るが人里よりも山でのほうが多く見る 同じ仲間のナガバノタチツボスミレは人里近くでも多い タチツボスミレの花がたくさん咲く光景は 軽やかな明るい光景だ タチツボスミレと同属のナガバノタチツボスミレを比べてみると 距や托葉の切れ込みなど同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more