テーマ:スミレ

ツボスミレ(ニョイスミレ)はいま・・

近くの山のやや湿った林縁でツボスミレの花が目立っている ツボスミレはこのあたりのスミレでは一番最後に咲くスミレだ と、いっても条件によっては 早い時期に花が開いているのを見ることがあるが・・・ ツボスミレの「ツボ」は坪、つまり庭という意味だ 昔は庭の横に流れる水をよく利用した生活だった 身近なところで見るスミレだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレの花はおしゃれな・・

今日、ビオトープの整備作業をさせていただいた コロナウイルスが広がり人が見に来れないビオトープで いろいろな花が咲いていた アリアケスミレも元気に花を開いていた 湿り気があるところが好きなツボスミレと アリアケスミレが混ざり合って花が咲いている 光景は珍しい アリアケスミレは乾いた広場や道端のコンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレの花が

昨日、山でタチツボスミレの花が咲いていた 神戸の山のポピュラーなスミレだ タチツボスミレは山域で見る なかまのナガバノタチツボスミレは里近くで 見ることが多い タチツボスミレの柱頭は細くとがっている タチツボスミレの花径は根元から出るもののほかに 茎の途中からも出ている また托葉は切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレは見ていて楽しませてくれる

近くの里山を散策した シハイスミレが林床のあちこちで咲いていた 葉の裏は(黒)紫色だということから名がついた シハイ(紫背)スミレだ シハイスミレはたくさんの株が地面に転がっているように 生えているから踏みつぶしてしまいそうだ 地面に這いつくばるようにしてのぞき込むシハイスミレだが この花の色は・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレは見ていて楽しい

今日、近くの山を歩いているとき シハイスミレの花が咲いているのが目にはいった すごく早いなぁ・・・。もうシハイスミレの花が咲いている!」 と思って、その付近をよく見ると たくさんのシハイスミレの花が咲いている・・・ びっくりだ! シハイスミレは紫背スミレ・・・ 葉の裏が黒紫色だ・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレはこれから

昨日は神戸森林植物園での一斉休校に伴う こどもの居場所づくりとしてのイベントに参加したり 家での仕事が重なってブログを休んでしまった 今日、近くを見るとノジスミレの花が咲きはじめていた 今年は春の花が全体に早い傾向があるが・・・ ノジスミレの開花は例年通りの感じだ ノジスミレはこれから急速に花の数を増…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレの花がこれから

今日、近くの山へ行ったらニオイタチツボスミレの 花が咲きはじめていた ニオイタチツボスミレは濃淡の色がくっきりとした美しい花だ 今年、この山で これまでに見たスミレ類の花は ナガバノタチツボスミレとアオイスミレだ ニオイタチツボスミレの花が加わったこれからは 多くのスミレ類の花を楽しめるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴスミレを見ながら

今日六甲の山の上で観察会に参加して歩いているとき ヒゴスミレの花が咲いていた ヒゴスミレは白い花が美しく目立つスミレだが なによりも切れ込んだ葉が特徴のスミレだ 神戸で見る切れ込んだ葉を持つスミレは ヒゴスミレとエイザンスミレの2種類だ どちらも神戸では見ることが少ないスミレだ ヒゴスミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツボスミレの花がはやくも

近くの山の道端でツボスミレの花が咲いていた びっくりだ!。 だって、ツボスミレはこの辺りでは花が咲くのが一番遅いスミレだ と、いっても日当たりがよい里などでは 早い時期に花が咲いているのを見ることがある ツボスミレは花が小さくて、花の中の赤紫色が目立つ 距が太短い。 すごくかわいい花だ ツボスミレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タチツボスミレを見ながら

山を歩いていたらタチツボスミレの花が咲いていた スミレ類の花が次々に見られるようになって とてもうれしい時期だ 神戸ではタチツボスミレを見るのは山の中腹より上が多い タチツボスミレを見た近くでナガバノタチツボスミレの花が咲いていた タチツボスミレとナガバノタチツボスミレはすみ分けているように…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シハイスミレを楽しんだ

今日、近くの山を歩いていたら シハイスミレの花がたくさん咲いていた 近くの山では見ることが多いスミレだ シハイスミレは紫背菫 名前は葉の裏つまり葉の背中が紫色のスミレという意味だ シハイスミレも自生種だから花の色は濃淡いろいろ 株によって花の色は違う 今日、シハイスミレを見たところでは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレはマスミレ

スミレの花が目立ちはじめた スミレ類はタチツボスミレやシハイスミレなどたくさんあるが これはスミレ属スミレ、だ スミレ類のほかのものと区別するためにマスミレと呼ばれることがある このようにスミレはスミレの仲間の本家のように感じる 生えているところもスミレの本家にふさわしく 生えているところは素敵な環境のところ・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレの花咲く光景は

近くの道端でヒメスミレの花が咲いていた いろいろなスミレ類の花が楽しめる季節になってきた ヒメスミレは道端などで身近なところでよく見るスミレだ コンクリートの隙間などでも見ることが多い ヒメスミレは名の通り花弁が細く花が小ぶりだ そのわりに距は太くずっしりした感じだ 距の色は白っぽいことが多いが、色が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレは身近な・・

近くの公園の隅でノジスミレの花が咲きだしていた 近くの山ではナガバノタチツボスミレやニオイタチツボスミレの 花が咲いているのを見るが 人里でノジスミレの花を見てスミレの季節が来ていることを実感する ノジスミレはこれから急速に花を増やしていく 里のスミレの光景を作り出してくれるのだ ノジスミレは野路菫、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニオイスミレの花が

近くの遊歩道でニオイスミレの花が咲いていた ニオイスミレはヨーロッパや西アジア原産のものである 香料をとるために栽培されてきたことが多いとか そこで「ニオイスミレ」なのだが・・あまり匂いを感じないのだが・・ ニオイスミレはナポレオンが愛したスミレとして有名なそうだ 栽培されていたものが逸脱したものがよく見る …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレの花を見て・・

今日、近くの山へナガバノタチツボスミレの様子を見に行った ナガバノタチツボスミレは近くでは一番早く花を見るから・・・ 「でも、さすがにまだ花は咲いていないなぁ・・」 と、あきらめかけたころにナガバノタチツボスミレの花が目にはいった うれしくなって、気分良くウメの花などを見ていて ふと地面を見ると・・・ なんとニオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレの花がはやくも・・

日、近くの山を歩いていたら「スミレ」の花が咲いていた 花の濃淡ある様子を見るとニオイタチツボスミレのようだ しかし、葉は枯れてしまっている 花柄を見れば毛が生えている ニオイタチツボスミレに間違いないようだ ニオイタチツボスミレはほのかないい香りがするのだが わたしは・・・わからない時が多いのだが・・・ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ツボスミレはスミレの季節の最後を・・

今日、六甲山上を歩いていると まだツボスミレ(ニョイスミレともいう)の花が盛りだった ツボスミレは神戸付近ではスミレの季節の最後を飾る花だ ツボスミレの花は白色で小さい 花の中が小豆色を帯びている 距が短くてとてもかわいい花だ ツボスミレはタチツボスミレの仲間と同じように 茎をもつスミレだ だが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒゴスミレ

近くの山でヒゴスミレの花が咲いていた といってもこの山のヒゴスミレは人為的にしたものが できていっている状態だ ヒゴスミレは六甲では自生のものが生えている 葉が深く切れ込んだスミレは神戸では少ないから ヒゴスミレを見たらすごくうれしくなる 六甲では葉が深く切れ込んだスミレはヒゴスミレのほかに エイザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレは身近な・・・

今日、ときどき手入れをさせていただいている 市街地のビオトープへいくと、 はやくもアリアケスミレの花が咲き始めていた そのよこではタチツボスミレの花も咲いている スミレ類の花の季節が猛烈なはやさで進んでいる アリアケスミレは身近なところでよく見るスミレだ 道ばたのコンクリートの隙間でもたくましく生えている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレの花が早くも

今日は神戸の北部の山を歩いた タムシバの花が咲き始めていたが コバノミツバツツジなどの花はまだ見ない、花が少ない状態だ その中でシハイスミレの花が早くも咲いてきていた よく見ると葉が小さい状態のシハイスミレが多く見られた 急に暖かくなり慌てて伸びたのかな。がんばってるね! シハイスミレは紫背菫 葉の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレはわが道を行く

今日、近くの草原などでノジスミレの花をたくさん見た ノジスミレは身近でよく見るスミレだ それなのに、先日ほかの場所でノジスミレを見たとき 花の花弁、特に上弁が細く感じ、その花がヒメスミレでは? と、感じ、私は迷ってしまった それで今日はノジスミレの花を見て ノジスミレの見分けがいつでもできるように 確認をしよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレなど今日見たスミレ類の花

今日、近くの山を歩いていると ニオイタチツボスミレの花が咲いていた まわりはまだ冬の光景だけど・・・ こんな花に出会ってとてもうれしかった そこで、わたしはその山の日当たりがよい 石段のところへ慌てていった そこは毎年2月の寒さ厳しい時期にナガバノタチツボスミレの花に出会えるところだ だが今年は特に厳しい寒さの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コスミレの返り花が・・

台風一過で、昨日より気持ちがよい秋日和になった 今日、近くを歩いていると コスミレのわれた実をたくさんつけているのが見えた われた実にはまだ種がたくさん入っているのもあった コスミレはどんどん花を咲かせているのだ といってもこの時期は閉鎖花だろうが・・・ と思ってコスミレをよく見ていると 閉鎖花も目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アギスミレ

今日、六甲を歩いているとアギスミレの花が咲いていた アギスミレはツボスミレの変種 ツボスミレともども神戸のスミレの最後を飾るスミレだ アギスミレの葉は基部が半月状に湾入している アギスミレとツボスミレは花は同じだ 葉の基部が半月状に湾入しているところがちがう アギスミレの筒部はツボスミレ同…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タチツボスミレの花がいま

今日、六甲を歩いているとタチツボスミレの花がたくさん咲いていた 淡い色のタチツボスミレの花はすごく明るい雰囲気をつくっている タチツボスミレは広くひろがり あちこちで花園をつくっている 神戸でよく見る「タチツボスミレ」の名をもつスミレは 山でよく見るタチツボスミレ 低山や里で見ることが多いナガバノタチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シハイスミレは神戸では多様だ

昨日六甲を歩いているとあちこちでシハイスミレの花が咲いていた シハイスミレは神戸の山ではよく見るスミレだ だが、このシハイスミレは六甲独特のもののように感じている 下の画像は神戸の西部の山で見たシハイスミレだ 葉が水平かやや上向きにのびていて葉の位置は花より低い いがりまさし氏は山渓ハンディ図鑑6 日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノジスミレを見ながら

今日は久しぶりにからりと晴れた日だ ソメイヨシノの花がみごとに美しい 土手ではノジスミレの花が元気に咲いていた ノジスミレは土手などで群生していることが多い まさに野路あるいは野辺のスミレだ ノジスミレの花の色はまさに菫色(すみれいろ)に感じる まさにスミレといいたい ところが真のスミレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレの花が

今日はよく行かせていただいているビオトープへ行き 少し作業をした 神戸の街ではソメイヨシノの花が見ごろを迎えている ビオトープでは7種のスミレの花が咲いていた スミレとノジスミレが乱れいるように咲いていた この2種はよく似ている スミレの花はまさに菫色だ ノジスミレの花の色は青みががかった紫色だ スミレはまさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスミレが

今日は自然教室があり、よく行っているビオトープのところへ行った やはり今年は花がおそく、まだ花が少ない そのなかでヒメスミレの花が咲き誇っていた 「いまが花の盛りだ」といっているように ヒメスミレが咲き群れている姿を見て とてもうれしい気分になれた ヒメスミレは花がやや小さく花弁が細い まさに「姫」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more