テーマ:冬芽

クロモジは冬のあいだ

近くの山を歩いているとクロモジの冬芽が目立っている 花が見られない時期だから クロモジのこのような様子も見ていて楽しい クロモジはいま新しい葉と花の準備を懸命にしているのだ クロモジは秋に葉が黄色く染まって 美しい光景を見せてくれる クロモジの紅葉が終わるころによく見ると 葉や花をつくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジキはやはり

この時期、近くの山を歩くと ネジキの冬芽がとても目立ち、美しい 冬芽に目が行きがちなネジキだ ネジキはこのネジキは冬芽が目立っているが 一方、よく見ると熟しきった実ができている 日当たりがよいやせた土地で見るネジキは 実をたくさんつけている ネジキの実は上向きについている 実のようすを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トチノキはおもしろそう

先日、トチノキの枝が伸び、見事な光景をつくっていた 枝先をよく見ると冬芽が案外大きい トチノキは、身近で見ることが少なく あまりよく見ていないのだが 冬芽をよく見るとべたべたしている 調べてみると、べたべたしているのは乾燥を防ぐため とか、寒さを防ぐため。などと記されていることが多い それにしても、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジは春に向けて

昨日、歩いた山の道沿いで クロモジの枝が目立っていた 枝には冬芽がたくさんついていた クロモジの冬芽は葉芽のまわりを数個の花芽が取り囲んでいる 非常に特徴的で目につきやすい冬芽だ クロモジは、冬芽の中で春に向けて花や葉の準備を 懸命に行っている だから、冬の間も冬芽は膨れ続けている ク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルバアオダモは冬から春が・・

近くの山を歩いているとマルバアオダモの冬芽が よく目立っている 冬の山では目を楽しませてくれる冬芽だ マルバアオダモの冬芽は冬の間長期間あまり変わらない 冬の山ではいつもいつも目を楽しませてくれるのだ ところが、春になりツツジなどの花が咲きだすころ マルバアオダモの冬芽は突然割れて、花と葉を展開し始め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タラノキはいろいろな様子を

近くの山辺の道ばたで、ニョキと立っているタラノキが目立つ この時期見たら本数が多いことにびっくりすることが多い 先駆的な植物だからどんどん増えていく・・・ この時期は各樹木の冬芽に目が行くが・・・タラノキは・・・ タラノキの葉痕は多く並んだ維管束が目立つ・・・ といっても、この時期のタラノキにはあまり目がいかないな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオノキの花をよい条件で

ばたばたしていて昨日はブログを休んだ 今日も簡単ブログで・・・ 今日、近くの山を歩いているとホオノキの冬芽が目立っていた 春になったら大きな花を開いてくれるなぁ・・・ ホオノキの花は大きくて目立つ、葉も棒葉(ほうば)として利用される だけど、木が大きくて花のようすなどどが見にくい よい条件でこの花をじっくりと見た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブムラサキはこれから地道に・・

近くの山を歩いているとヤブムラサキの葉が 最後の紅葉光景をつくっていた と、いっても、葉が完全に落ちてしまっている ヤブムラサキも見る時期だ 熟した実だけが目立つ光景だ ひと月ほど前、ヤブムラサキの葉は元気な様子で 実が葉の下に隠れている様子だった ヤブムラサキの枝の先を見ると、独特の形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマコウバシの葉は春から冬まで

近くの山でヤマコウバシが目立っている 落葉樹が葉を落としてしまっている山で ヤマコウバシは葉を染めたまま、紅葉光景を見せ続けている この時期、ヤマコウバシの葉は触ると部が厚く、しっかりしている 受験シーズンのこの時期も葉を落とさずにいるこの姿を 落ちない」と思い、受験のお守りにするのは気持ち的にわかる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌビワの幼木を・・・

今日は朝から風が強い、暴風警報が出ている 新神戸駅へ行ったら新幹線は風のため遅れて運行されていた 先日、近くの山では葉が美しく染まったイヌビワが目立っていた だが、この強風(暴風)で葉は落ちてしまっていそうだ 林床をよく見ているとイヌビワの幼木が目立っている 風が直接あたらない場所のイヌビワの幼木の葉は まだ落ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジの冬芽について

近くの山を歩いているとクロモジの冬芽が目につく クロモジは春早くに黄色い花が開く、春黄金花(はるこがねばな)の一つだ 春を待ち焦がれる春焦ね花(はるこがねばな)でもある クロモジの冬芽を見ると枝の先に葉芽があり、その下に丸い花芽がある クロモジは冬芽を早い時期に準備をしている 秋になるころ、よく見るとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブムラサキの冬芽を見ていて

近くの山を歩いていると、木々の冬芽が目立つ 冬芽を見るのが楽しい時期だ ヤブムラサキの毛が目立つ独特の冬芽も目を楽しませてくれる ヤブムラサキはまだ葉が元気な実が熟すころには もう冬芽はできていて、独特の姿を見せてくれている 冬のこの時期のヤブムラサキは 葉だけでなく実も落ちていき冬芽が目立つ …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ネジキは3度、目を・・

通りかかったところで、切られた幹から赤い若枝がまっすぐに伸びていた これはネジキだ! それにしても・・・大木だなぁ・・・ 図鑑にはネジキは低木~小高木となっているのに・・ でも、ネジキは条件があればかなり大きく、高くなる 樹皮がねじれたように見えるから「ネジキ」と名がついている ネジキは、切られた幹から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウグイスカグラは春の花

近くの山を歩いているとウグイスカグラの冬芽が目に付いた でも花は全く見ない 例年、冬に山を歩いていると、ウグイスカグラの花に出会う そのときは決して多くない、一つか二つの花を見るだけだが 冬の山でウグイスカグラの花に出会うとうれしいものだ でも今年はまだこの花に出会ったことがない 冬の山でウグイスカグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジの冬芽の変化を・・

今日は観察会で市街地を歩いたが 見られた花はヤブツバキとツタバウンランなどだけで この時期は草木の花の開花がおそい 昨日、山でクロモジの冬芽がふくれてきていた 葉芽は細長い形をしている 花芽は膨れていてたまねぎのような形をしている クロモジはまだ葉が緑色で元気な9月下旬に見ると もう冬芽ができている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジキは冬に

近くの山を歩いているとネジキの赤い小枝が目立っている 枯れた光景の冬の山に華やかさを与えてくれるネジキだ ネジキの赤い小枝は塗り箸と呼ばれ、 花材としてよく利用されている ネジキの赤い小枝にできている冬芽と葉痕はこれまた美しい この時期に必ず撮影してしまうものだ また、寒さを忘れて見入ってしまうことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アジサイなどが心配だ!

昨日、いつも行かせていただいているビオトープに行った この時期は木々の冬芽の様子に関心がある時期だが・・・ 今年は多くの木の冬芽の様子がおかしい アジサイは冬芽が割れて葉が出てきている 昨年の同時期のアジサイの画像を見ると冬芽だ 冬芽の観察に最適な時期だものねこの時期は・・・ 今年は寒さが特に厳しい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴンズイは秋から冬が

今日、参加の観察会はあまりの寒さのため、屋内で実施となった 先日、近くを歩いていると、ゴンズイの冬芽が目に留まった 冬芽とその下の葉痕と合わさってユニークな顔に見えておもしろい ゴンズイの冬芽(頂芽)はかならず2つ並んでいる そして、その下に葉が落ちた跡の葉痕がある ゴンズイは頂芽が2つ、枝の途中に出る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マルバアオダモは冬の・・

今日は雨が降っていて一日家にいた この時期、近くの山で目立つ冬芽の一つにマルバアオダモがある ぷっくり膨れて、白い毛に覆われた冬芽はとても特徴的だ ところでマルバアオダモの冬芽は冬中変わっていないように見える だが3月の冬芽を見ると少し膨れてきている 葉や花を展開する準備をしているようだ 4月になるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネジキは主役を・・

この時期近くの山を歩いているとネジキの冬芽に目を奪われる 冬芽の形と赤くつやのある色ともに実に美しい 枝もつやのある赤色になりとても美しい この時期のネジキの枝は花材として人気だ ネジキの冬芽のついた枝は冬中、わたしたちの目を楽しませてくれる 3月下旬ごろになると冬芽が割れて緑色の葉が覗きだしてくる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオキなどの冬芽を楽しむ

近くの山を歩いているとアオキの実が目立っている アオキの実は今が熟していくときだが 真っ赤に熟すとは限らない 白っぽく見える実も熟していっているのだ なんとも中途半端な色の具合のアオきの実だ アオキを見ていたら冬芽が膨らんできている この時期山を歩いていての楽しみの一つが冬芽だ アオキの冬芽はこれか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アズキナシの・・・

今朝起きると強く雨が降っていた その後は曇りの天気だったが暖かい日だ 寒暖を繰り返していくのだが ひと雨ごとの暖かさ。を感じられもする季節になっていくのだ 昨日、近くの山で木々の冬芽を見ていた それぞれに特徴あって面白い これはアズキナシの冬芽だ 冬芽の枝は白っぽい皮目が目立つ アズキナシは枝の皮目を目盛りと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クロモジの冬芽を見ながら・・

今日は一日雨だった 2日続きの冷たい雨だ わたしたちにとっていやな雨だが この雨で木々たちは花や葉の芽を膨らませているだろう この時期の適度な雨は木々たちにとって貴重なのだ あるへ季節が進む中での大切な雨だ 近くの山のクロモジを見ると まるい花芽が膨れてきている 真ん中の葉芽も大きくなっている 早春に輝くように開いてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌエンジュ

今日から大寒 一番寒い季節の到来だ 今日は暦通り、寒い一日だった 最高気温は6℃・・・・ 寒いけれど風が弱いから近くの山を歩いたら 気持がよかった 花は見えない、明るい冬の山を歩いていると 特徴的な幹をした木が目に入った 幹の模様が面白い 何だろう・・・・と思ってその木のところへ行ってみた 冬芽は特徴的だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの今

近くの山で葉が枯れ色になって目立っているのは 1月11日にこのプログに載せたヤマコウバシである http://kobehana.at.webry.info/201101/article_11.html ヤマコウバシは冬も葉が残ることで合格祈願にモテモテである この時期にまだ葉が残っているのは、ヤマコウバシだけではない コナラも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センダン

寒い一日だった 近くを歩いていて、一番目立ったのは センダンの大木に、まだ実が残る光景だった 熟しきった実が、かなり多く残っている ヒヨドリがきて、実をついばんでいるが よく見ていると、つついては落としている この実は野鳥にはあまりおいしくなさそうだ 葉が落ち、まばらに実があるセンダンの木で、目立つのは 球形…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤブムラサキとムラサキシキブ

今日は一日雨だった ひと雨ごとに、冬になっているのだろう 昨日行った山では、木々の冬芽が目立っていた ヤブムラサキも冬芽ができている ヤブムラサキは、芽のそばで まだ独特の紫の実がまだ残っている ヤブムラサキは冬芽や葉痕、ガクなどは 白い毛でおおわれている その山ではムラサキシキブもたくさん生えていた ムラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノミツバツツジの・・・

まだまだ日に照らされた コナラやタカノツメの美しい紅葉を見ることがある しかし、さすがに木々の葉の多くは落葉してしまって 道は落ち葉のじゅうたんだ 木々の枝が目立って、山は明るい このような光景を楽しみながら歩いていると 突然にピンクの美しい花が目に入った コバノミツバツツジの花だ コバノミツバツツジはこの辺りでは 春…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカノツメの黄葉

朝は0度に近い気温だった 紅葉の季節も終わりなのだが・・・・ 今年は寒さの中で、まだまだ美しい紅葉光景があるところがある 特に、ここにきて黄色く色づくタカノツメの紅葉が美しい 日差しを浴びて、黄色く輝き、山を明るくしている 中にはもう葉を落としているタカノツメもある 葉を落とした枝の先には、新芽が目立っている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニウツギの冬芽

昨日、峠道で木々の冬芽を見た 冬芽には個性があって面白い しかし、私は冬芽を見て、木の種の特定はあまりできない この冬芽は・・・対生・・・ と見ながらもわからいな・・・ ところが果実の熟れきった残骸があった あっ、ヤブウツギかタニウツギだ・・・ その2種からどちらかを特定することはできない私だが この峠ではヤ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more