テーマ:

ミヤマガマズミはやまを

近くの山を歩いているとミヤマガマズミの花が あちこちで咲いていた ミヤマガマズミのそばでマルバアオダモやコバノミツバツツジの 花が競演して、花の光景を作っていた ミヤマガマズミは緑の葉と白い花の様子はとても美しい ミヤマガマズミとともに仲間のコバノガマズミも あちことで白い花を開いている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナウンゼンツツジがいつまでも

今日、観察会に参加して歩いていた里山で シロバナウンゼンツツジの花が咲いていた シロバナウンゼンツツジは神戸では案外多く見る この花が咲く光景に出会うとうれしくなる シロバナウンゼンツツジの花は直径1.5㎝ほどしかない 花が小さいツツジだ シロバナウンゼンツツジは株によって花が微妙にちがう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウワミズザクラの花が静かに

今日、近くの里山を歩いていると ウワミズザクラの花が咲いていた この花が咲く様子は桜の花で連想する華やかさでなく 静かで清楚な感じがする ウワミズザクラの花序はブラシのよう 花序の下に葉があるのが特徴だ ウワミズザクラの花は桜の華やかなイメージはないが ソメイヨシノの花と比べてみると花弁の数などは同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムベの花を見ながら

近くの道端でムベの花が咲いていた 競うように仲間のアケビも花を開いていた アケビは落葉だが、ムベは常緑 ムベは冬も葉が緑色で元気だからトキワアケビとの名もある ムベは雄花にはおしべが、雌花には雌しべが生えている ムベは雌雄別株だ 雌株には雌花が、雄株には雄花が咲く この花序は雄花ばかりで、この株は雄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホタルカズラの花が

近くの里山の道沿いでホタルカズラの花が目立っていた 明るい色の花が美しい野草だ ホタルカズラの花がたくさん咲く光景は とても美しい だけどしべが見当たらない花だなぁ・・・ ホタルカズラの花をしげしげとみてもしべが見えない しべは花の奥のほうに隠れてはえている ホタルカズラは3月下旬ごろか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメツブウマゴヤシの花が

近くの田園地帯の畔でコメツブウマゴヤシの花が 目立っていた コメツブウマゴヤシは黄色い花が咲き 葉は3小葉だが・・・ 、 花や葉が似た仲間を多く見て 「これはどれかな?」と迷うことが多い とくに仲間のコメツブツメクサとウマゴヤシは見ることが多い 画像を比べると花(花序)の様子は違うが・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナイバナは花を元気に

今日、観察会に参加して田園地帯を歩いた 土手でハナイバナの花が目立ってきていた といってもとても小さな花だ ハナイバナは葉内花 葉に抱かれたように花をつけるという意味のようだ ハナイバナの花をよく見ると副花環が白いのが特徴だ この時期よく見るキュウリグサの花に似ている キュウリグサの副花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウボウムギの花がはやくも

今日、ビオトープの整備作業に参加した コロナウイルスのため来場者はいない 人気のない中でコウボウムギは例年より早く花の時期を迎えていた コウボウムギのこの花序は、これが花の時期の様子なのだ よく見ると、その近くで、白く輝いているような花序もある コウボウムギは雌雄別株だ 雄花の葯と雌花の柱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリガタハンショウヅルの花に出会って

今日、近くの里山を歩いていたら トリガタハンショウヅルの花が咲いていた この明るい花は、花の季節の盛りを感じさせてくれる トリガタハンショウヅルのつる植物だが つるは木質で非常にしっかりしている トリガタハンショウヅルの花はハイカラな明るい花だが 花弁はない。花弁のように見えるのはガクだ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダミミナグサは元気に

昨日、道端などでオランダミミナグサが 日差しを浴びて花をきれいに開いていた 日差しを浴びなければ花を開かないオランダミミナグサだ オランダミミナグサはヨーロッパ原産の帰化植物だが いまでは身近でよく見るのの花だ スズメノエンドウの小さな花と共演するように咲いているようすは 自然いっぱいの景色に感じる …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カスマグサは花の時期を

近くの土手を見ているとカスマグサの花が咲いていた 小さなかわいい花だ オオイヌノフグリの花がとても大きく見える カスマグサの花はとても小さいから 花はほかのものに紛れてしまって目に入りにくい カスマグサを見ると、いつも次の話を聞いたことが 頭に浮かぶ 「カラスノエンドウのカとスズメノエンドウのス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エノキはこの時期から

今日、里山を歩いていると エノキの花が咲き、目立っていた エノキの花はとてもシンプルだ 雄花は4本の雄しべだけだ エノキの雌花は雌しべだけが突っ立っている エノキは花が終わると子房が膨れだし実になっていく 夏が終わるころ、エノキの実は色づき 熟れていく その後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラのこの時期の様子は

近くの山のコナラを見ると葉を展開し始めていた 昨秋はナラ枯れ被害のコナラを多く見たから コナラが葉を展開する様子を見るとうれしくなる もう雄花穂が伸びてきているコナラも目立ってきている よく見ていると、、もう花が開きだしそうなコナラもあった コナラの開花は例年より少し早い この雄花序は花が開く直前の様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノヂシャを見ながら

今日、観察会に参加して田園地帯を歩いていると 道端などでノヂシャの花がたくさん咲いていた これも季節を感じさせてくれる花だ ツルカノコソウの花は花冠が2㎜ほどの小さい花だ 花冠が5裂した花はよく見るとかわいい ノヂシャは新分類ではスイカズラ科になっているが・・・ 旧分類ではオミナエシ科だった。これのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウマゴヤシは仲間と

近くの田園沿いの道端でウマゴヤシの花が たくさん咲いている といってもウマゴヤシは花が目立たない ウマゴヤシには似た仲間が多い コメツブウマゴヤシもよく見る仲間だ そこで、ウマゴヤシを見ると わたしはすぐに托葉を見る ウマゴヤシの托葉は深く切れ込んでいる ところがコメツブウマゴヤシの托…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマコウバシは花の時期

今日、里山を歩いていたらヤマコウバシの花が咲いていた ヤマコウバシは葉の展開と同時に花を開くが 花は小さくて目立たない 気を付けないと花が咲いているのを見逃してしまう ヤマコウバシといえば、冬の間も葉を落とさないで目立っている この花の時期にまだ一部の葉が落ちずに残っていることがある ヤマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレは三拍子そろった・・

近くを歩いていたら、あちこちでアリアケスミレの花が 目立っている アリアケスミレの花は明るいおしゃれだ 距が太くて短いようすもかわいい アリアケスミレの花が乱れ咲く様子は まさに春の明るい光景の主役のようにも感じる 明るく美しい花を開くアリアケスミレだが コンクリートの隙間でたくましく生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクサンハタザオは・・

六甲のハクサンハタザオの様子を見ると 花が咲き始めていた。例年より少し早い開花だ ハクサンハタザオは「ハタザオ」との名を持つが 群落が広がって花が咲き、菜の花のような雰囲気を漂わせる ハクサンハタザオの花を見ると・・・4弁花 アブラナ科の特徴がよくでている アブラナ科のダイコンと似た雰囲気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクバキンモンソウは花の様子を

昨日、六甲を歩いた時、ツクバキンモンソウの花が 咲き始めていた。 それにしても開花は時期的に少し早いなぁ・・・ しかし、ツクバキンモンソウの花は4月中旬には多く見てい折る この花の時期を迎えているのだ ツクバキンモンソウの花の色は株により多様だ ツクバキンモンソウの花は下唇と上唇に2裂して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツボスミレ(ニョイスミレ)の花が異常にはやく

今日、六甲山上へいったらツボスミレの花が咲いていた ツボスミレは神戸ではスミレの花の季節の最後を飾る ものなのに・・・はやくも・・・ そのそばでは、いま花が咲き誇るタチツボスミレの花が 咲いていた ツボスミレの花が咲き始めているのにびっくりしたのに ツボスミレの群落ができ花がたくさん咲いている 例年、六甲山上で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウマノアシガタは見れば見るほど

近くの土手でウマノアシガタの花が目立っていた 明るい色の春の日差しが似合う花だ ウマノアシガタの花はパラボラのよう 花の中へ光を集めて、あたたかさに虫もうっとり・・・ だけど今年のこの時期は暑すぎるよね ウマノアシガタはときに白い花を見ることがある だけど、てかてかした黄色い花が似合うね …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノミツバツツジの花は

今日、近くの山を歩いていたら、満開のコバノミツバツツジのそばで ミヤマガマズミの花が咲きはじめていた。 しかし、コバノミツバツツジは「まだまだがんばって花を咲き続けていくぞ」 といっているようだ。 この冬はコバノミツバツツジなどの返り花を見ることは少なかった コバノミツバツツジが花が咲きはじめるのは特に早いとは言え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サワオグルマの花が

今日、里山を歩いていると、湿地で黄色い花が咲いていた 「なんだろう?」と思って近づいてみると サワオグルマの花が咲き始めていた サワオグルマの花は要注意植物の特定外来生物に指定されている ナルトサワギクの花に似た雰囲気に感じる だけど、サワオグルマは絶滅が心配される絶滅危惧種だ 神戸ではオグルマがわず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソメイヨシノは満開だが今年は

いつも歩く近くのソメイヨシノが満開になっている 桜の名所へ行って楽しみたいけれど 今年は多くの人が集まることができないねぇ・・・ 近くの公園でも、満開のソメイヨシノが 静かな雰囲気の中で咲いている ソメイヨシノは開花直後は花の中の色は変化ないが この時期に見ると。ほとんどの花の中は赤くなっている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イスノキの花が

今日、近くの植えられているイスノキに赤い色が目立っていた 花が咲いているようだ イスノキに近づいてよく見ると、花はまだ開いていなくて いまはつぼみの状態だ イスノキはまもなく花を開くが・・・といっても・・・ 花には花弁はない 花序の上部に両性花、それ以外は雄しべばかりの雄花が咲く イボタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒカゲツツジ

今日、イベントに参加するため、神戸森林植物園へ行った 少し時間があったので園内を見ていると ヒカゲツツジの花が咲いて、とても美しかった ヒカゲツツジは六甲にわずかに自生している ヒカゲツツジが自生しているところは厳しい岩場だ 厳しい場所に生えているヒカゲツツジだが 花は色、かたちともとても美しい シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニガイチゴの花を見ながら

今日、近くを歩いているとニガイチゴの花が目に入った 「えッ! もうこの花が咲いているのか!  はやいなぁ」 と思いながら、そのあたりをよく見ると・・・ 花がかなりたくさん咲いているニガイチゴもあった まだまだつぼみが多いニガイチゴも多いが・・・ ニガイチゴの花は上向きに開いていて とても見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センボンヤリの花は見ていて

今日、近くの山を歩いているとセンボンヤリの花が咲いていた 「はやこの花が咲いているなんて」とうれしく思いながら その近くをよく見ていると あちこちで、センボンヤリの株があり、たくさんの花が咲いていた センボンヤリは舌状花の並びが不均一で、整った花じゃない 花を裏側から見ると紫色がかっている このことか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマザクラの花が目立ってきた

いま、近くの山ではあちこちにヤマザクラの花が咲いている 里で盛り上がるように花が咲いているソメイヨシノと比べると 花が咲く様子があまり目立たないヤマザクラだ ヤマザクラは花と葉がほぼ同時期に展開して 葉と花が協力して目立っている ヤマザクラの花をよく見ると 開花直後の花は全体が真っ白でとても清楚な感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more