アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
神戸の花と木(今の花と木の様子)
ブログ紹介
神戸付近の野や山を歩いて花や木を見て楽しんでいる
わたしです。歩いていて見た花や木をわたしのホームページ
神戸付近の野草・樹木の観察紀行に載せています。
このプログでは歩いているとき見た花や木、景色の画像と
そのときの気持ちなどを載せていきます。(窪田博行)
zoom RSS

ムラサキニガナの綿毛

2017/07/25 16:27
近くの山を歩いているとムラサキニガナの綿毛が目立っていた
よく見るとほんの少し残っている花がある
ムラサキニガナは暗い林で生えていることが多く花が小さくて目立たない

画像


それだけにこの花には惹きつけられてられて、
ムラサキニガナの花の画像は案外多く撮っている
それに反して、実(種)は注意深く見ることがなく
撮っている画像も少ないわたしだ

画像


そこで、ムラサキニガナの綿毛のついた種を注意深く見てみた
綿毛が美しい

画像


ムラサキニガナの種のついた綿毛はタンポポのそれとすごくよく似ている

画像


綿毛が風に吹かれて飛ぶ様子はタンポポと同じようだろうなぁ

画像


それにしてもこの綿毛付きの種が並ぶ形はすごく美しい
タンポポでこのような形は見たことがない
ムラサキニガナではこのような形が多くできるのだろうか
今回はこれしか見なかったが・・・
ムラサキニガナの綿毛に たのしく遊んでもらった

画像


記事へ驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


キキョウの花について

2017/07/24 19:05
近くの土手などでキキョウの花が目立ってきた

画像


キキョウの花がたくさん見るところでは
キキョウの花のつぼみから実になっていくまでがよくわかる

画像


キキョウの花は雌しべの周りを雄しべが取り囲んでいる
そして雄しべが咲きに活動期を迎える
雄しべ先熟の花なのだ
わたしはAの画像のときが雄しべの活動期
Cのようにめしべの先が割れだすと雌しべの活動期を迎える
と思っていた

画像


ところが本などをよく見ていたら
画像のUのように雄しべが落ちた後の雌しべの周りに花粉がついている
この時期は雌しべはまだ活動していない
虫が来ると花粉がつく時期はこの時期だという
やがて雌しべの活動期を迎えるころは雌しべの周りが
剥がれ落ちて花粉は落とされてしまうという
Vのようすはその時期なのだろうか

画像


このように考えながらキキョウの花咲く様子の花の性のようすは
下の画像のようになると思う

画像


雌しべの活動期には雌しべの柱の周りに花粉はついてないという
下の画像で2、3のときにもわずかに花粉がついている
キキョウの雌しべ活動期のようすとどのような状態なのか
これから丁寧に観察してみたい

画像
記事へナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


コマツナギの白花を見ながら

2017/07/23 18:58
今日は棚田の整備に参加させていただいた
土手などであちこちでコマツナギの花が咲いていて
赤い花がよく目についた

画像


ところである土手で赤色がとても淡い花が咲いているところがあった

画像


その近くで白色の花のコマツナギを見た
コマツナギの白花は初めてだ。と思ったが
家へ帰って調べてみると昨年も同じところで見ていた
最近は忘れっぽいなぁ
でもほかの場所ではコマツナギの白い花を見たことはない

画像


近くの河原などで大きく茎が太く木質のキダチコマツナギをよく見る
キダチコマツナギは帰化植物だ
キダチコマツナギの花は赤い色のものしか見たことがない

画像


キダチコマツナギの花が咲き始めたころの花穂はコマツナギの花穂と似ている
しかし花の時期が進んでくるとキダチコマツナギの花穂はとても長くなる

画像


「いちどキダチコマツナギの白い花を見てみたいものだ」
「どの植物も白花はあると思え。というものな
と思いながら白花のコマツナギをいい気持ちで見入っていた

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


エゴノキを見ながら

2017/07/22 15:39
花が少ない山でエゴノキの実がぶら下がっているのが目に付く

画像


エゴノキは早春の新葉の展開時も目を引くが
たくさんの実ができている光景は豪快だ

画像


エゴノキの木いっぱいに花咲く光景もみごとだ

画像


ところでエゴノキをこの時期よく見ると
バナナの房のような「実がつぶれた」様子のものを見ることがある
これは虫えいなのでエゴのねこあしとよばれている
これをつくっているのはエゴノネコアシアブラムシという虫だという

画像


この時期に虫えいの先が裂開しエゴノネコアシアブラムシの
羽根があるものがイネ科のアシボソに移るという

画像


エゴノキの実は8〜9月に熟すが
実のようすはあまり変わらない

画像


秋に見事に色づくエゴノキはすごく目立って目を引く

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


ネムノキの花がまだ

2017/07/21 17:17
猛烈に忙しくて昨日はブログをパスした
ホームページの表紙の更新も・・・。
ネムノキの花がまだ咲いていた

画像


ネムノキの花は梅雨の時期が花の盛りである
雨に濡れたら花は崩れてしまうのに・・・・
ネムノキの花は昼過ぎに花を開花し翌朝には役割を終える
一日花だ
でもつぼみはたくさんあり花期は案外長い
でももうこの花の時期は終わりだなぁ・・・

画像


ネムノキの花で目立っているのは細長くて赤い雄しべだ
一つの花に白い雌しべは1本だけで、気を付けなければ目に留まりにくい
花弁や萼は短くて目立たない

画像


ネムノキの花はとても美しい
でもあまり花が多いと・・・・

画像


水辺で、ぽつぽつ咲いているネムの花の光景が
私は好きだ

画像


ネムノキはマメ科だ
花がおわると豆果のさやが目立ってくる

画像


ネムノキが生えている地面を見ると
ネムノキの幼木が生えていることが多い
ネムノキの寿命は長くない。荒れ地に生えだすパイオニア植物だ

画像


そのようのことどうでもいいね・・・
水辺で静かにネムノキの花が咲いている光景
いつまでも見ていたい光景だ・・・

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


アカガシはいま

2017/07/19 17:26
六甲を歩いているとアカガシのどんぐりが膨れだしていた
とてもかわいい

画像


ブナ科はいろいろな種類があり、それぞれにどんぐりをつくるが
木の種類によってどんぐりの形は違う
とくに殻斗の模様がそれぞれ特徴的だ

画像


アカガシのこの時期の小さなドングリを見ると
特徴的なリング状の殻斗の形ができている
秋にかけてどんぐりが大きくなっていく

画像


山を歩いているときに、質が厚い赤い葉が落ちているのを見て
アカガシの存在に気づくことが多い

画像


6月ごろアカガシの新葉が赤くなっていることが多い
落ち葉や新葉のあるとき葉が赤いからアカガシとおぼえやすいとおもうのだが
アカガシの名は材が赤いところからついている

画像


アカガシの花は他の多くのどんぐりの木と同じく
春、新しい葉が展開するのと同時に開く

画像


アカガシは花が開くといっても花弁などはない
雄花は雄しべだけ、雌花は雌しべだけのシンプルな花だ
アカガシは、花がおわり、今秋の実りのときに向けて
懸命にどんぐりを大きくしている

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


タケニグサの花は

2017/07/18 13:58
これから出かけるので、この時間にブログを書いておく
山を歩いているとタケニグサの花が咲いてきていた
タケニグサは大型ですごく目立つ

画像


タケニグサの花は一斉には開かない
花穂の下から上へと咲きあがっていく

画像


タケニグサの花に花弁はない
多数の雄しべと雌しべが1本からできている

画像


いやいやタケニグサの花にガクはあるのだ
ガクは開花直前に落下するということだ
撮った画像を探してみたら、
ガクが認められるタケニグサの花の画像があった

画像


タケニグサの実は大きく、たくさんできて非常に目立つ

画像


こんなにたくさんの実が落ちたら・・・
タケニグサが生えていたところでは春に見ると
たくさん芽生えてくるのが見える

画像


タケニグサは荒れ地にいち早く生えるパイオア植物だ

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ハエドクソウは役に立っていた

2017/07/17 16:00
近くの山を歩いていると
ハエドクソウの花がたくさん咲いている

画像


山では花が少なくなったこの時期なので
貴重な花なのだが、花が小さくて目に留まりにくい・・・

画像


しかし、ハエドクソウの花を拡大してみると
白色にわずかにピンクを帯びた花は美しい

画像


ハエドクソウの花にはハエなどの虫がよくきている
しかし、花にハエ類がよく来るから「ハエ」と名がついたのではない

画像


むかし、水に浸けてハエを捕る黒い紙のハエトリ紙があった
この紙はハエドクソウの根を煮詰めた汁を浸み込ませているのだ
つまりハエドクソウの根は蠅(ハエ)を殺す毒をもっているのだ
画像は、昔を思い出して模擬的につくったものだが・・・・

画像


ハエトリガミの毒はハエドクソウの根から採っていた
だからハエドクソウは貴重だったはずだが・・・
先に毛があるハエドクソウの実は、衣服などにくっつく引っ付き虫だ
初秋に山を歩いているとハエドクソウの実がくっついて大変だ
今ではハエドクソウは厄介者になってしまっているのだ

画像


ハエドクソウは、目立たないけれど小さな美しい花を開きながら
「今でもうまく利用してくれたらハエが採れるよ」
といっているようだ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


アカメガシワの花咲く景色

2017/07/16 18:46
今日は六甲へ行った
猛烈な暑さのこの頃だが山の上は気持ちがいい
アカメガシワの花咲く光景が雄大な景色をつくっていた

画像


このブログでアカメガシワの花については
アカメガシワの花」などと題して
何回か取り上げてきた          
今日は山でアカメガシワの花咲く雄大な光景を楽しんだ

画像


アカメガシワの花が咲いているのを見ていると
雄花が咲いているのが多い
この画像はどの木も雄花ばかりが咲いている
アカメガシワは雌雄別株だから、これらはどれも雄株だ

画像


そう思ってみていると
アカメガシワの雄株と雌株が並んでいるのが目についた
いろいろな様子が見られてとても楽しい
アカメガシワの花咲く様子を山で見るのは楽しい

画像


アカメガシワは秋の葉が色づく時期も美しい
でもアカメガシワの黄葉の雄大な光景はあまり見ないなぁ

画像


早春、新葉を展開し始めるときの
アカメガシワの真っ赤な新葉はすごく美しい
でも真っ赤な新葉の雄大な光景は見られないなぁ

画像


アカメガシワは花が咲くこの時期
山で雄大な景色を作り出して目を楽しませてくれる
アカメガシワの花を見て存分に楽しんだ今日だった

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


ゴボウの花

2017/07/15 17:16
昨日、観察会で神戸薬科大学へ行かせていただいた
そこの薬草園に植えられているゴボウに花が咲いていた
ゴボウは野菜として根を食べるけれど、花は見ることがほとんどない
葉のようすも・・・。画像を撮っていなかった

画像


ゴボウの花を見るとアザミなどとよく似た花だ
キク科だぞ!。と主張している

画像


近くで「ゴボウ」と名がつくものにヨウシュヤマゴボウをよく見る
また山で稀にマルミノヤマゴボウを見ることがある
ヨウシュヤマゴボウ、マルミノヤマゴボウはどちらもヤマゴボウ科だ
キク科のゴボウとは花のようすがずいぶんと違う

画像


以前9月に近くに植えられているゴボウを見たことがあった
花はとっくに終わり、実の時期のようすだった
その時。根もとで根生状の葉が目立っていた
八百屋で見るゴボウについている葉と似ている

画像


ゴボウの実を見るとアザミ類などの実とよく似ている
ゴボウはキク科だものな

画像


ヤマゴボウ科のヨウシュヤマゴボウ、マルミノヤマゴボウの
実と比べてみると
ゴボウの実は全然違う。
いろいろな野菜の花をゆっくりと見てみたいなぁ・・

画像
記事へナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


アクシバの花がまだ

2017/07/14 19:03
六甲を歩いているとまだアクシバの花が咲いていた。

画像


小さなアクシバの花は葉の下で下向きに咲いていて
とても目に留まりにくい

画像


アクシバの花はよく見ると花弁がカール状に巻いていて
とても面白い姿で美しい

画像


アクシバはの花のしべは
初めに雄しべの活動期の時期で
やがて雄しべの活動がおわると
雄しべ群の中から雌しべが伸びだしてきて雌しべの活動期を迎える

画像


アクシバの花は6月下旬から7月の初めに咲く花が多い
もう若い実ができているのも見かける

画像


アクシバは秋に実が赤く熟す
赤くて目立つ実なのだが、葉の下に隠れるようについていて
気を付けてないと見落としてしまう赤く熟したアクシバだ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


ノリウツギが目立ってきている

2017/07/12 17:42
久しぶりに六甲を歩くとあちこちで
ノリウツギの花が目立ってきていた

画像


ノリウツギはアジサイ科アジサイ属
アジサイの仲間だ、でも長い花穂は独特の形だ
そうそう、園芸でよく植えられている
カシワバアジサイと花穂のかたちがよく似ている

画像


ノリウツギの花は大きく目立つ装飾花と
小さな両性花からできている

画像


大きく目立つ装飾花の白い花弁上のものはガクだ
ガクを目立たせて虫を花穂に来るように誘っているのだ
小さな両性花にも花弁はあるが目立たない

画像


虫を誘う目立つ装飾花と小さな両性花からできている
花穂の仕組みはヤマアジサイなどと似ている
さすがアジサイの仲間だな

画像


ノリウツギの茎を見るとなかに白い太い髄がある
茎は空洞ではないが太い白い髄がある茎のようすが
ウツギに似ているとして「ウツギ」の名がついた
皮の下はすごく粘っこくべたつく、これが糊として
つかわれたところから「ノリ」の名がついた

画像


ノリウツギは夏の山を飾るアジサイの仲間の最後を飾る
素敵な花を開いてきている

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


多忙なため11日(火)まで休みます

2017/07/07 17:03
急に多忙なことが入ってきたため、7月11日(火)までこのブログを休みます。
12日より再開する予定です。
ナツハゼの実がもうすぐ食べられるようになりそうです

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ネムノキの仲間たち

2017/07/06 18:55
久しぶりの日差しを浴びながら歩いていると
ネムノキの大木にたくさんの花が咲いていた
ネムノキの花も梅雨の時期の花だ

画像


ネムノキの花はとても美しいが、特異な花だ
今日はばたばたしているのでネムノキのことについては
あすこのブログに書くつもりだ
今日は安直にネムノキの仲間を並べてみたい

画像


「ネム」と名がつくものにクサネムがある
田の雑草として嫌われがちだ
花は蝶形花で「マメ科だ」といっている花だ

画像


クサネムの葉はネムノキの葉と似た形をしている
夜に葉を閉じて眠っているような姿もネムノキと同じだ
実は豆果、ネムノキの実も豆果だ
ただ花のようすがネムノキとは全く違う

画像


ネムノキとよく似た花のものに温室などでヒネムを見ることがある
アメリカ原産のものだ
花が緋色をしたネムノキという、葉はネムノキと同じ複葉だが
少し雰囲気が違うなぁ・・・

画像


葉がネムノキとよく似た「ヒネム」を見ることがある

画像


ヒネムの白花種を見ることがある
緋色をしたヒネムと白花種を合わせてカリアンドラという名をもっている

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ホタルブクロを見ながら

2017/07/05 17:28
台風3号が通り過ぎ、昨日から雨が降り続いている
神戸付近は雨が少なかったから恵みの雨だが
大雨で被害が出ている地方があり心配だ
ホタルブクロの花が近くの土手などで咲いている
この花が咲く時期は雨が多い

画像


ホタルブクロの花は下向きに咲いている
雨が多い時期に咲くホタルブクロは
花の中に雨が入りしべが濡れるのを防ぐ工夫として
花が下向きに咲いているのかな

画像


ホタルブクロは群生して生えていることが多い

画像


道のコンクリートの隙間にも点々と生えていることがある
ホタルブクロは種が飛んで、株がどんどん増えていくようだ

画像


赤い花のホタルブクロを見ることも多い

画像


白花と赤花の中間の色で濃淡いろいろな花を見る
交雑してできているのだ。ということはやはり種で
増えていることがすごく多いようだ

画像


ホタルブクロの花を見るとわたしは花の中を覗くことが多い
開いた直後の花の中には太い棒が立っている
未熟な雌しべの周りに雄しべが取り巻いている
雄しべ活動期なのだ
やがて雄しべの時期が終わり雄しべはパラリと落ちていく

画像


その後まもなく雌しべの先が割れはじめ
どんどん深く3裂していく
雌しべ活動期になってきたのだ
こうして同じ花のおしべとめしべの活動の時期をずらしている
ホタルブクロは雄しべが先に熟す雄しべ先熟の花だ

画像


このあと種ができていくのだが、その時期は花冠が枯れて
美しい状態ではない
わたしはその時期の画像を丁寧には撮っていない
ことしはホタルブクロの種の様子をじっくりと見て、撮ってみたい
ホタルブクロは種でよく増えるのだから・・・
花の時期も楽しみながら・・・

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


イワダレソウはこれだ

2017/07/03 20:03
今日出かけたところで
道ばたにイワダレソウが広がってたくさんの花が咲いていた
とても美しい

画像


イワダレソウの白花とアカバナが混じりあって咲いていた
園芸で植えられていたものが逸失しているのだろう

画像


イワダレソウの花は花穂を下から上へ咲きあがる
ここで「はっ!」と気になることに気づいた
今日見るイワダレソウはよく見る「イワダレソウ」より花(花穂)が
大きいのだ

画像


近くでよく見るみて「イワダレソウ」と思っていたものは
花穂が小さいヒメイワダレソウのようだ。
今日見たイワダレソウと比べてみると花穂がずいぶん小さい
イワダレソウは今日見たものなのだ

画像


イワダレソウの葉はヒメイワダレソウと比べて葉の鋸歯が
大きいということだ
イワダレソウは関東以西の砂浜で生えているもののようだ
ヒメイワダレソウは日本にはなく園芸で移入されたものだ
神戸付近で見るのはイワダレソウもヒメイワダレソウもどちらも
園芸のものが逸失したものだと思う
交雑種もあるようで具体的には難しい面を含んでいる・・

画像


イワダレソウはヂ面を這う茎をどんどん伸ばして
茎からどんどん芽を出して株数を増やしている
すごくたくましい・・・

画像


今日は広く広がり花咲くイワダレソウに
すごく目を楽しませてもらった

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


ムラサキシキブとヤブムラサキは同属なのに

2017/07/02 16:18
近くの野山はネムノキの花が咲いて目立っているが、                 
花が少なく緑いっぱいのこの時期だ
よく見るとムラサキシキブの花が咲いてきている

画像


ムラサキシキブといえばクマツヅラ科だな。と思うのに
新分類ではシソ科になっている
ムラサキシキブの花は茎や葉の上で上にむかって咲いている

画像


ムラサキシキブの同属でヤブムラサキも多く見る
ヤブムラサキの花はもう終わりの時期を迎えている
ヤブムラサキの花は茎葉の下で下向きに咲く

画像


ムラサキシキブとヤブムラサキの実のつき方を見ると
ムラサキシキブの実はやはり茎葉の上で上向きについている
ヤブムラサキの実もやはり茎葉の下で下向きについている
両者は同属なのに花や葉のつき方が正反対だ

画像


ムラサキシキブは花や実の色は明るくて毛はほとんどない
それにたいしヤブムラサキの花や実には星状毛が密生すしている
ヤブムラサキは茎や葉にも星状毛が密生していて
葉はビロード状でさわればほわほわしている

画像


冬に山を歩いているときは冬芽を見るのが楽しみだ
ムラサキシキブとヤブムラサキは冬芽の形はよく似ているが
ムラサキシキブの冬芽はほぼ無毛なのに対し
ヤブムラサキの冬芽はやはり星状毛が密生している

画像


もう同属のヤブムラサキの花はほぼ終わっているが
これからしばらくムラサキシキブの花を楽しんでいこう

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


自生のナツツバキ

2017/07/01 16:29
今日、六甲山中にある公園へ行くとナツツバキの花が咲きだしていた
このナツツバキは植栽されたものだが
六甲ではときどき自生のナツツバキに出会う

画像


この時期に六甲山中を歩いているとナツツバキの花が落ちていることがある

画像


落ちた花を見て「どこにナツツバキの木があるのだろう?」と
探し回ると、ナツツバキの特徴ある樹皮が見つかる

画像


ナツツバキの木を見上げてよく見ると木の上で白い花が見える

画像


このようにして、「こんなところにナツツバキがある」と
見つけてうれしくなるのだ・・・

画像


ナツツバキの花は花弁が真っ白で美しい
花弁のふちのようすもいいなぁ・・・

画像


ナツツバキはツバキ科ツバキ属だ
さすがにヤブツバキの花と似ている

画像


山中に生えるナツツバキの紅葉はすごく美しい
ナツツバキは六甲でも自然に生えている木なのだ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


アオモジのいまのようす

2017/06/30 17:45
 去る4月8にこのブログに「アオモジの花が」として    アオモジの花が咲いている時期の様子を書いた
そのアオモジがどうなっているか気になってアオモジ群落の場所へ行った

画像


4月にアオモジを見たときは黄色い花が黄金色に輝いて
周りの景色を明るくしていた

画像


いまアオモジは緑色の葉を広げて、緑深い景色をつくっていた
よく見ると緑色をした実が膨れてきている

画像


アオモジの実を見るとクロモジの実に似ている
何色に熟すのだろう?。というのは図鑑やネットを見ても
良く熟したアオモジの実がはっきりと載っているのを見かけない感じなのだ
図鑑には「赤色から黒紫色に熟す(山渓ハンディ図鑑 樹に咲く花 離弁花1)
とは記しているが・・・

画像


アオモジの実の形はクロモジやカナクギノキに似ている
同じ仲間なんだものな
さて実が黒紫色にクロモジか赤く熟すカナクギノキか
アオモジはどちらの実の色になるのだろう?。秋が楽しみだ

画像


アオモジ、クロモジとくればシロモジが頭に浮かぶ
ただしシロモジは神戸では自生のものは見ない
シロモジは神戸市立森林植物園で私は見ている
葉を比べるとシロモジの葉が特異だ

画像


だがこの仲間でシロモジだけが変わった葉をもっているのではない
同じ仲間のダンコウバイはシロモジの葉とよく似た切れ込み方をしている

画像


いろいろ、多様な仲間を持ったアオモジだ
いままであまり見ていなかったアオモジが
これからどのように実を熟していくのか、すごく楽しみだ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


コクランの花が

2017/06/29 16:54
昨日から空はどんより曇り、雨が降ったりやんだりしている
いまは梅雨本番だ
近くの山の濡れたくらい林床でコクランの花が咲いていた
暗いところでは特に目立たないコクランの花だ

画像


コクランはラン科クモキリソウ属
花の形はたしかにラン科だ・・・
クモキリソウの花とよく似ている・・・

画像


コクランの花の部位の名称がわからない
参考の図と首っ引きで見ながら名称を記したが
違ってないかなぁ・・・
でも花弁といってもなぁ・・・変な形だ・・・

画像


コクランは花の時期は目につきにくいが
実ができている様子は目に入りやすい

画像


コクランは自家受精をする場合が多いということだ
ときにこんなにたくさんの実をつけている株を
見ることがある・・・

画像


近くの山でも、コクランが広がり足の踏み場がない
という状況のところに出会うことがある
うれしい光景だ・・・
だがあくまでもラン科だ
ラン菌と共生しなければ生きていけない
自然のこの状況を動かしたらダメなのだ・・・

画像


コクランの花は目立たない色だ
この付近で見ることがあるランでは目立つ色のものもある
すごくすくないウチョウランは花の色が美しい
身近な蘭乃はな、ネジバナもとっても美しいね

画像


でもコクランの花をよく見れば、渋い色だが
素敵な色だよ。
いつまでもたくさんあってほしいコクランだ

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク

神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる