神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日見たウメの花は異常なのか?(その2)

<<   作成日時 : 2016/02/10 19:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

一昨日、このブログに「今日見たウメの花は異常なのか?」
との記事を書いた
その日に雌しべを2本、3本もつウメの花を見たのだ
そこで
「今日見た2〜3本の雌しべのあるウメの花は異常なのだろうか」
と下の画像なども入れながら書いたのだが、
いろいろな反響をいただき、一つの花から多く実ができる
八つ房の梅のことなども教えていただいた
そこで、今日改めて一昨日いった梅林へ行ってみた

画像


図鑑に「雄しべは多数あり、花弁より短い。花糸は無毛。
雌しべは1個、子房には毛がある」山渓ハンディ図鑑3 
樹に咲く花 離弁花1 山と渓谷社)など
どの図鑑にもウメの花には雌しべが1本と載っている
今日見た梅林でも雌しべが1本の花は多い
植物を見るときに花をつぶすのは嫌なのだが、梅の花は
雌しべがわかりにくくて・・・

画像


ウメの花は受精し子房が大きくなって実ができる
雌しべが2本の花には子房はもちろん2個ある
この1個の花からは実が2個できそうだ

画像


ところが右の花も雌しべが2本・・・
さわったらしべの途中で2本に分かれているように感じる
子房1個から雌しべが2本あるように見える・・・
少なくとも左の花のようには子房がはっきりとは別れていない

画像


ところで雌しべが3本、4本あるウメの花も見つかった
一つの花からたくさんの実ができることがあるのか
実の時期が楽しみだ

画像


たくさんの梅の花を見ているうちに気にかかることが出てきた
雌しべが極端に短い花があるのだ
「なぜなのだろう?」
たぶん人間の仕業なのだろうな
実を採るためのウメと違って観賞用の花をつくろうとしている
その改良の結果、雌しべが退化したのではなかろうか

画像


雌しべが極端に短い花からは実はできないだろうな
この梅林で長い雌しべが多数あるひとつの花から
実がたくさんできるかを見てみたい
一つの花から多数の実ができる八つ房の梅が隣町の明石市にある
このウメの花の様子を見にいきたい

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八つ房の梅を見にいったのだが
先日、近くの梅林で雌しべが多いウメの花を見て 今日見たウメの花は異常なのか? と       今日見たウメの花は異常なのか?(その2)を  このブログに書いた そのとき一つの花からたくさんの実がなる八つ房の梅があることを ツイッターで教えていただいた 隣町の明石市のお寺に八つ房の梅がある 今日、その八つ房の梅を見にいった 複数の八つ房の梅の木があるが花がかなり多く咲いていた木もあった ...続きを見る
神戸の花と木(今の花と木の様子)
2016/02/13 17:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日見たウメの花は異常なのか?(その2) 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる