神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS センダンは仲間が・・

<<   作成日時 : 2016/11/25 17:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

近くの公園のセンダンの葉がほとんど落ちてしまっていた
葉が落ちたセンダンはの実がめだってきている

画像


センダンの実は冬の間も見ることができる
ほかの木の実が少なくなった真冬には
野鳥たちがセンダンの実を食べているのを見ることがある
野鳥たちにとってあまりおいしい実ではないみたいだ・・・

画像


ところで、センダンの仲間の草木は何があるのだろう?
まず思いつくのがセンダングサだ
センダングサは少ないが同じ仲間のアメリカセンダングサや
コセンダングサを見ることは多い

画像


センダングサの名はセンダンと葉が似ているとしてついているが
センダンはセンダン科だがセンダングサ類はキク科だ
全く違う仲間だ

画像


植物園で日本海側に生えているというモクゲンジを見る
モクゲンジの別名がセンダンバノボダイジュだ
黒い種子は小さいが、それがジュズに使われるとして
「ボダイジュ」の名がついている

画像


モクゲンジの葉がセンダンの葉に似ているとして
「センダンバ」という名があるが
やはりモクゲンジはムクロジ科、センダンとは全く仲間ではない

画像


モクゲンジの黄色い花の光景はすごく華やかで美しいが
センダンの光景とは全く違う

画像


大きな図鑑でセンダン科のものはないかと調べてみた
センダンは万葉集にも「オウチ」の名で
「妹が見し あふちの花は散りぬべし わが泣く涙 いまだ干なくに  山上憶良」
などと載っている古来からなじみのものだから仲間は多いと思って・・・
ところが、センダン科はセンダン以外には日本在来のものは載っていない
ほかに中国原産のチャンチンと中米、南米原産のマホガニーが載っているだけだ
マホガニーは家具などでしか見たことがない
チャンチンは近くの植物園で見ることがある

画像


センダンは近くでよく見るなじみの黄なのに仲間がないなぁ・・
それでもいいよね。春になれば美しい雲が浮かんだような
花咲く光景を見せておくれね。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
センダンは仲間が・・ 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる