神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS キクバヤマボクチの種(たね)は

<<   作成日時 : 2017/03/06 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

六甲山ろくでキクバヤマボクチが枯れた状態でたくさん突っ立っていた
「今が実りの季節だよ」という雰囲気だ

画像


キクバヤマボクチはたくさん見る大きな野草だ
だが花を見ることが案外少ない
春に芽生えて、夏になるころ画像のようなつぼみができる

画像


だが、つぼみの状態のまま数か月が過ぎていく
だから、わたしはつぼみの状態を見て、これが花だ。と思っていた時期がある
大きな切れ込んだ葉がから「キクバ(菊葉)と名がついた
キクバヤマボクチの葉の裏は綿毛がぎっしりあり真っ白だ
葉の裏の綿毛を集めて火口(ほくち)の材料にしたことより「ボクチ」と名がついた

画像


秋が深まっていったころに花が開く
キクバヤマボクチは大きくて形もすごく上品な豪華さだ
でも大きいことから花花が咲くまでに茎が切られていることが多く
花を見ることが少ないのだ

画像


キクバヤマボクチは冬を迎えるころに実を熟す
その状態のまま、果穂枯れた雰囲気でまだ残っていたのだ

画像


枯れた状態の果穂を少し持って帰ってよく調べてみた
果穂を割ってみると綿毛がついた実が出てきた

画像


キクバヤマボクチの綿毛のついた実はタンポポの実と仕組みが似ている
風を綿毛に受けて種を遠くへ運ぶ仕組みだ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
キクバヤマボクチの種(たね)は 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる