神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒイラギを見ながら

<<   作成日時 : 2017/12/07 17:53   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は自然教室でクリスマスリースづくりをするときの
材料用のヒイラギの枝葉を採りに近くの山へ行った

画像


ヒイラギは疼(ひいらぐ)がなまって名がついたように
葉のふちのとげが降れると痛い痛い・・・
特に若い木の葉のとげはすごく鋭い

画像


ところがヒイラギは成長に伴い、葉の切れ込みが少なくなり
とげの鋭さもなくなっていく
すごい老木では、葉にほぼ切れ込みがなく、トゲがない

画像


ヒイラギの花はこの時期に咲いている
白い花が咲く光景は美しく、花は芳香を放っている
この様子が好まれて、ヒイラギが庭や公園などに
よく植えられている

画像

ヒイラギは雌雄別株ということだが
見るのは雄株ばかりだ

画像


ところが山ではヒイラギはよく芽生えており
幼木を見ることが多い
ヒイラギの雌株がなければこんな光景はできないよね

画像


そのように思っていたある年に、近くの人が
「うちに植えているヒイラギはあまり花が咲かない、
花が咲いてもあまり目立たない」と嘆いていわれた
その木を見に行ってみると、咲いている花は今まで見たことがない花だ
これは雌花だった

画像


ヒイラギの雄花は雌しべがあまり発達しない
雌花は雌しべが伸びてよくめだつ
その後、遊歩道などで植えられているヒイラギに
ときに雌株があった
山でもまれに雌株に出会えた

画像


雌株は花がおわると実が膨れていき
初夏に紫黒色に熟す
今日のヒイラギ採りなど、いろいろな準備などの機会は
いろいろな様子がわかることが多い
だから、このような機会があることがうれしい

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒイラギを見ながら 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる