ヒメハギの花を見ながら・・・・

雨がちの日が多かったが今日は晴れた
しかし、濃い黄砂が襲来していて遠くが見えない・・・
どんよりした光景は心が晴れない感じがする
しかし、山へ行ったら輝くように咲くカスミザクラなどの
明るい光景に気持ちは軽くなる
道端でヒメハギの花が咲いていた
ヒメハギはまっすぐな棒のような茎が斜めに立っている
寄生植物の雰囲気がするが、寄生植物ではない
白い付属体がある花は特異な形だ

画像


ヒメハギの花は花弁が3枚、ガク片が5枚あるという
その花の構造がどうなっているのか見てみた。
広がった翼のような目立つ2枚はガクだ
小さいガクが3枚ある・・・合計5枚
先が小さく開いている花弁が2枚
下にもう一枚花弁がある
その下の花弁の先に目立つ白い付属体がついている
この付属体に虫がとまれば、虫の重さで付属体が下がる
付属体が下がればしべが見える
特異な花のすごい仕組みだなぁ・・・

画像