ナンバンギセルを見ながら

今日は秋の季節を楽しもうと思って
六甲山中にある神戸市立森林植物園に行った
広い植物園だから全園を歩くことはできない
秋の花が多いススキが原のところへ行った
ススキの根元にまだナンバンギセルの花が咲いていた

画像


ナンバンギセルはさすがにもう花が終わっているものが多かったが・・・
例年ナンバンギセルの花は8月下旬から9月に見ることが多い
今年は9月初めにナンバンギセルを見にいったときはまだ花を見なかった
10月になりナンバンギセルノ花を見るのは3回目だ
例年より花が少し遅いのかな・・・

画像


ナンバンギセルはススキの根元に生えていることが多い
ススキなどの根に寄生して栄養分をとっているのだ
もともと緑色の葉を持っていたのだが、他物から栄養を採ることを覚え
葉は退化して小さな鱗片状になっているが
葉がつく茎は地面からほとんど出ていない

画像


地面ぐらいしかない茎から花茎を伸ばし大きな花をつけている
ナンバンギセルといえば花だけのように見える

画像


ナンバンギセルの花の中を見ると大きな黄色い球状のものが見える
これは雌しべの柱頭だ
雄しべは4本あるとのことだが見えない
花がつぶれて雌しべがよく見える様子を見たことがある

画像


ナンバンギセルは花茎がのびて上がっていく
花茎の先のガクに包まれた花は徐々に膨れていく
やがて黄褐色のガクの中から赤紫色の花が出て開いていく

画像


ナンバンギセルノ花が終わると花冠はしおれ、やがてなくなる
だんだん膨れて実の形になる
実の中の種はごく小さいもののようだ

画像


ナンバンギセルの名は花の形がマドロスパイプの形に似ているとして付いた
古名はオモイグサ(思い草)だ
ススキの根元に横向きの花を寄せている姿から名付けた
万葉集に道のへの 尾花が下の 思ひ草今更さらに 何をか思はむ」
(今さら何を思い迷うことがありましょうか。わたしは
あなたを信じ、あなた一人を頼りに思っております)
素敵な歌だ。寄生植物だなどといわず万葉のロマンに浸って
ナンバンギセルを見ていよう

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック