コチョウショウジョウバカマのそばに

今日、六甲を歩いているとコチョウショウジョウバカマの花が咲いていた
以前シロバナショウジョウバカマといっていたのだが
シロバナショウジョウバカマとツクシショウジョウバカマの両種を
まとめられてコチョウショウジョウバカマと学術的に統一された

画像


六甲ではほとんどの山域でコチョウショウジョウバカマが生えている
コチョウショウジョウバカマはショウジョウバカマと比べて
花は小さくほっそりしている
花茎は細くて長い、葉の質は薄く細い

画像


ところが今日は白い花のコチョウショウジョウバカマのそばで
花が紅色のショウジョウバカマが咲いていた
「えっ! 交雑するのでは・・・」

画像


六甲山域ではコチョウショウジョウバカマを多く見るが
ほかの神戸市内の山で見るのはショウジョウバカマだ
こうしてみると両者は花を見たらすぐにわかる。といいたいが・・・

画像


ショウジョウバカマは自生のものだから
花の色は多様だ。もちろん白い花のショウジョウバカマも生えている
しかし柱頭の先は赤紫色をしている

画像


ところで、今日見たコチョウショウジョウバカマは
花柄は短いが花は小さくてほっそりしている
柱頭の先は白色だ
やはり、今日見たコチョウショウジョウバカマは
ショウジョウバカマとは交雑していないのではないか
と少し安心した気分になった

画像


だが、下の画像のの右の純粋なコチョウショウジョウバカマと比べてみると
花柄は太くて短い
葉はずんぐりとして質がやや厚い。など
ショウジョウバカマの特質が見受けられる
やはり交雑しているのでは、と疑ってしまう

画像


花が小さくて白い、やや弱弱しいが美しい六甲山で見る特異なショウジョウバカマの
コチョウショウジョウバカマがいつまでも元気に
その純粋な姿を見せていてほしいものだ

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック