神戸の花と木(今の花と木の様子)

アクセスカウンタ

zoom RSS コウヤボウキの花が

<<   作成日時 : 2018/10/07 16:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

今日、六甲を歩いているとコウヤボウキの花が咲きだしていた
これからしばらく楽しめる花だ

画像


コウヤボウキの花を見るとき、茎の葉に目が行きがちだ
花がついている下には葉が互生についている

画像


なぜ、葉のつき方にこだわるかといえば
コウヤボウキの茎には葉が互生につくものと束生するものがある

画像


コウヤボウキの茎は2年間立てば3年目は枯れてしまう
1年目の新しい茎には葉が互生してついている
2年目の茎には葉が束生してついている

画像


コウヤボウキの花は葉が互生している茎に
つまり、1年目の茎に咲く
葉が束生している2年目の茎には決して花はつかない

画像


コウヤボウキと同属でナガバノコウヤボウキがある
ナガバノコウヤボウキは神戸で見ることは稀で絶滅危惧種になっている
ナガバノコウヤボウキも茎の寿命は2年で
1年目の新しい茎には葉が互生してついている
2年目の茎には葉が束生してついている

画像


ところで、ナガバノコウヤボウキの花は葉が束生している茎に咲いている
2年目の茎に花がついているのだ
同属で、茎の葉のつき方が同じなのに花はコウヤボウキは1年目の茎に、
ナガバノコウヤボウキは2年目の茎につくのだ
不思議なことだと思う・・・

画像


コウヤボウキの花(頭花)をよく見ると美しく精巧な雰囲気だ
これからしばらく、この美しい花を楽しんでいこう

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も今日は、コウヤボウキの花を観るために出かけました。鍋蓋山西側にたくさん咲いています。蕾も多かったのでしばらく楽しめそうですね。コウヤボウキの花を登山道で見たのがきっかけで、六甲山の植物観察を始めた…私にとってはとても有難い美しい植物です!
201408
2018/10/07 20:05
コメントありがとうございます。コウヤボウキの花はこれからしばらく楽しめますね。綿毛になったままの冬の光景も面白いですね
窪田
2018/10/08 17:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
コウヤボウキの花が 神戸の花と木(今の花と木の様子)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる