コガクウツギを楽しんだ

昨日、六甲ではコガクウツギの花が目立っていた
そういえば明日から6月、梅雨・・・アジサイの季節だなぁ・・・
コガクウツギはアジサイ科、アジサイ属だ

kogakuutugiimayopuro153.jpg

コガクウツギがやや暗い林床に生えていると
白色がすごく目立って美しい

kogakuutugiimakeipuro251.jpg

コガクウツギの花序は白くて目立つ装飾花と
小さくて目立たない両性花とからできている
花序による花の数は不規則極まりない状態だ
装飾花がない花序もある

kogakuutugihanasikupuro356.jpg

両性花と装飾花による花序の成り立ちは
多くのアジサイの仲間と同じだ

kogakuuyamaahanahipuro418.jpg

コガクウツギの装飾花は
白く目立つのはガクだ
小さな花弁やしべがある
ただししべは役には立たない
装飾花は目立って虫を惹きつける役割だ

kogakuutusousyokupuro570.jpg

コガクウツギの両性花は4~6枚の花弁と
雄しべ、雌しべからできている

kogakuutuhanamakupuro651.jpg

花弁は開花してしばらくたつと、やがて落ちてしまう

kogakuurugiotikabenpuro761.jpg

コガクウツギの両性花が受精すると
装飾花は役割を終える
若い実ができ始めるころには装飾花は落ちてしまう。

kogakuutugumihepuro871.jpg

ミヤマナルコユリは元気

今日、六甲を歩いていると
あちこちでたくさんのミヤマナルコユリがあり
花の季節を迎えていた
だが、下向きに咲いている花が見えにくい・・・

miyamanarukoimagunpuro165.jpg

このように花が比較的よく見える状態の
ミヤマナルコユリに出会うことがある

miyamanarukoimahanatupuro276.jpg

ミヤマナルコユリは花序柄を横に張り
下向きに花をつけている

miyamanaruhanatukipuro367.jpg

ミヤマナルコユリの花は花冠をあまり開かない

miyamanaruhanamakupuro418.jpg

ミヤマナルコユリは茎が「くの字」に曲がっている
特徴があるが、個体により曲がり方は多様だ

miyamanarukukipuro587.jpg

ミヤマナルコユリは花が終わると実が膨れていき
秋に実が黒く熟す

miyamanarumikepuro673.jpg

ミヤマナルコユリは秋遅く葉が色づき
消えゆるように枯れていく
春に根から新しい芽が伸びだしてくる

miyamanarufuyupuro785.jpg

この時期、種から芽生えた新しい個体が沢山できてきている
元気な様子のミヤマナルコユリを見ていたら楽しい

miyamanaruyoupuro871.jpg

ホタルブクロの花は楽しい

今日、六甲へ行くと、あちこちで
ホタルブクロの花が咲いていた
まだ5月なのに・・・。
今年はホタルブクロの開花がはやい・・

hotarubukuroimazenpuro165.jpg

ホタルブクロの花は、長い形がよいスカートみたい
とても気品がある美しさだ・・・

hotarubukurohanayopuro256.jpg

だのに、わたしはこの花の中をのぞき込んでしまう
崖に生えているホタルブクロの花は中をのぞき込みやすい・・・
しべの変化に興味があるのだ・・・

hotarubukurositakarapuro356.jpg

ホタルブクロの開花直後はしべは棒状だ
雌しべの周りにおしべが取り囲み
おしべが活動している
やがて、雄しべは役割を終え落ちていく
雌しべの先が3裂していき、雌しべの活動期を迎える

hotarubukurohanahenpuro418.jpg

ホタルブクロはキキョウ科だ
多くのキキョウ科の花のしべは、ホタルブクロと同じように
初めにおしべの活動期、やがて雌しべの活動期を迎える

hotarunakamasibehipuro507.jpg

ホタルブクロは白い花を見ることが多いが
とくには赤い花を見ることがある

hotarubukuroakapuro657.jpg

いやいや、それだけじゃなく、いろいろな花の色のホタルブクロを見る
野生だものね・・・・

hotarubukuroiroiropuro777.jpg

クロガネモチ・・人間の理解を超えた・・

今日はビオトープの整備作業に参加した
コロナウイルスのため人に見てもらえなかった春の花たちは
花の終わりを告げていた
変わるようにクロガネモチなどの花が咲いていた
クロガネモチは雌雄別株だ。この花は雄花か雌花か?

kuroganeimazenpuro155.jpg

植えられるクロガネモチは
赤い実を楽しむために植えられることがほとんどだ
庭などに植えられているのは
つまり、まわりに雌花が咲く雌株しかないのに
きれいな赤い実がたくさんできる

kuroganehanamipuro255.jpg

山へ行けば少数ながら雄株を見ることがある
でも、雄株は・・。「僕は実ができるためには役に立ってないよ」
と嘆いているだろう・・・

kuroganemotiokabupuro3000.jpg

一方、花におしべとめしべがある両性花が咲くソメイヨシノは
実はできるが、その実からは芽生えない。不稔の実なのだ
それは、サクラ類は、同じ木に咲く花の雄しべが雌しべについても
芽生える実(正常な実)ができない
ところが、ソメイヨシノは遺伝子が同じものしか存在していない
だから、他のソメイヨシノの木の花の花粉が雌しべについても
実芽生える正常な実はできない。不稔の実はできるが・・・

kurosomeipuro355.jpg

オリーブノキは2本以上の木を植えなければ実ができないといわれる
オリーブノキの花も両性花だがソメイヨシノ同様に
同じ木に咲く花の雄しべが雌しべについても
芽生える実ができない

kurooribupuro418.jpg
クロガネモチと同じようにヤマコウバシも不思議だ
ヤマコウバシは雌株しか存在していない
だけど実ができる

kuyamakoubapuro561.jpg

フユザンショウも雌株しか存在していないのに実ができる
植物には人間の理解を超えた不思議なことがある

kufuyuzansyoupuro651.jpg

ニガナとなかまたち

近くの道ばたではニガナの花が目立っている
これも季節を感じる花だ

niganaimazenpuro176.jpg

ニガナはキク科。花弁のように見えるのは舌状花だ
ニガナは舌状花が5個のものが多い

niganarokupuro253.jpg

ニガナは舌状花1個につき1個のしべ群がある
雌しべの周りを多くの雄しべが取り囲み
一つのしべ群をつくっている
初めに雄しべが伸びて花粉を出す(雄しべ期)
やがて雌しべが伸びだして先が2裂する(雌しべ期)

nigabasibepuro355.jpg

ニガナによく似たシロバナニガナの変種のハナニガナがある
ハナニガナの頭花は舌状花が8~12個ほどだ

nigahananiganapuro418.jpg

ところが舌状花が6~8個ほどの中間型のものも見る
ニガは舌状花が5~7個と記されているものが多い

niganananapuro533.jpg

夏の山のやや暗いところでムラサキニガナの花が咲く
花は下向きに咲くので・・・見にくい・・・

nimurasakiniganapuro651.jpg

ムラサキニガナよりやや遅れるように山で
ヤマニガナの花が咲く

niyamaniganapuro761.jpg

チックでよく見るニガナと名がつく花は
個性的だが・・やはり仲間のように似た雰囲気を感じる

nigananakahanahipuro871.jpg

ムヨウランの花に

昨日、近くの山のムヨウランのようすを見た
この花がきれいに開いた状態になかなか出会えない

muyouraimazenpuro165.jpg

よく見ていると花が開いているのが見えた
さすがにランの花だ

muyouranimahanapuro265.jpg

ムヨウランは無葉蘭
葉はない、無葉緑腐生植物のランなのだ

muyouranzenkepuro376.jpg

無葉緑腐生植物のランでよく見るものにツチアケビがある
ツチアケビは大きくて見つけやすいが
ムヨウランは・・・

muyoututiakehanahipuro418.jpg

ムヨウランとツチアケビの花を見比べると
かたちは似ている。ランだものね

muyotutiahanahipuro560.jpg

だが、実のようすは全く違う
それにしてもツチアケビの実は目立つなぁ・・・

muyotutiamihipuro672.jpg

小さくて目立たないムヨウランの
花が咲く光景に出会えてとてもうれしかった

muyouranmahanapuro755.jpg

ツルアリドオシの花をよく見ると・・・

今日、近くの山でツルアリドオシのようすを見た
花が咲きだしている。という状態だった

turuaridoosiimapuro158.jpg

ツルアリドオシの花は花冠の先が4裂する
2つの花がペアーになっている。
という特徴がある

turuaridoosipeapuro256.jpg

ペアーの2つの花からひとつの実ができる
実には2つの花の跡が残っている

turuaridoosimipuro357.jpg

また、ツルアリドオシの花は長花柱花と短半柱花の
2つの型の花がある
いろいろ特徴的なツルアリドオシだが・・・

turiarihanakatapuro418.jpg

今日、ツルアリドオシをよく見ていると
花冠の先が3裂している花が見えた

turuarisanpuro560.jpg

また、っ日間が3裂する花と5裂する花で
ペアーになっているのもあった

turuarisangopuro651.jpg

5裂した花2つがペアーになっているのも見えた
すごくいろいろ見て楽しいツルアリドオシの
花が咲く光景だ

turuarigorepuro713.jpg

ヤブデマリは華やかな光景を

非常事態宣言が解除されて開園した
神戸森林植物園へ久しぶりに行った
いろいろな花などを見ることができた
独特にまっすぐに伸びた枝のヤブデマリの
白い花がまばゆく目を惹きつけていた

yabudemariimazenpuro155.jpg

ヤブデマリの枝はとにかく水平方向に伸びる
体制につく葉
独特に目立つ白い大きな装飾花
とにかく目立っていた
この植物園ではヤブデマリはどんどん株を増やしている

yabudemarisuihepuro266.jpg

ヤブデマリは、山でよく見る木だ
といっても、なぜか神戸市内の山は少ない
阪神地域の山では多く見るのに・・・

yabudemaritakapuro355.jpg

ヤブデマリの花は両性花群をぐるりと取り巻く
目立つ白い装飾花
ガマズミ類の特徴がよくあらわれている花だ

yabudemahanamapuro418.jpg

ヤブデマリの実は、夏には赤くなり、よく目立つ

yabudemarimijikipuro571.jpg

夏に神戸市以外の山へ行ったとき
広大な光景と溶け合った赤いヤブデマリの
実のようすは素敵な光景を作り出す

yabudemarikeipuro675.jpg

ヤブデマリは落葉だ
冬に見ると水平な枝が・・・
でも目立たない・・・・

yabudemarifuyupuro751.jpg

いま、ヤブデマリは葉を広げ、美しい花をたくさんつけて
華やかな光景を見せてくれている

ybudemariimapuro861.jpg

コメツブウマゴヤシと仲間たち

近くを歩いていると、道端で
コメツブウマゴヤシが広がっていた

komeumaimazenpuro167.jpg

コメツブウマゴヤシは名前が似たものが多い
「これは、コメツブウマゴヤシかな?」
と思わず花をのぞき込んでしまう

komeumakahoyopuro251.jpg

コメツブウマゴヤシと似た名のものに
コメツブツメクサがある
こうして画像を並べてみると雰囲気は違うが・・・
迷うことがある

umeumakometumehipuro357.jpg

この類のものを特定するときに托葉を見る
だけど、コメツブウマゴヤシとコメツブツメクサの托葉は
切れ込みがなく、よく似ている
コメツブウマゴヤシは茎などに毛が多い

koumakometakuhipuro418.jpg

コメツブウマゴヤシとコメツブツメクサは実の形が全然違う
実を見ると納得できる

koumakotumihipuro560.jpg

コメツブウマゴヤシと似た名のものにウマゴヤシがある

komeumaumazenhipuro622.jpg

ウマゴヤシは托葉が深く切れ込んでいる
花序の花が少ない
実の形が・・・独特だなぁ・・・
よく見ると区別ができやすい

komeumaumazenhipuro768.jpg

いろいろと似た名のものが多いコメツブウマゴヤシだ
ただ、コメツブツメクサはほぼ花期が終わっている
ウマゴヤシも下記の後半を迎えている
コメツブウマゴヤシはいまが花の時期だ
あっ!、今が花の盛りのものにクスダマツメクサがある
だけど、これは花穂の大きさが全然違うなぁ・・・

komeumakusuhanahipuro816.jpg

クサイチゴは貴重な・・

近くを歩いていると、道端の藪で
クサイチゴの実が朱赤色に熟していた
わくわくな光景だ

kusaitigoimamipuro176.jpg

クサイチゴの実はキイチゴ類の中では非常に大きい
そのうえ、とてもおいしい
これは、おおごちそうだ

kusaitigomiyopuro267.jpg

キイチゴ(木苺)の仲間の実はどれも食べられる
とくに、ナガバモミジイチゴとクサイチゴの実がとくにおいしい
だけど、ナガバモミジイチゴの実は小さい
クサイチゴの実は大きいから、たっぷり食べた気分になれる
ナガバモミジイチゴの実が熟すのはもう少し先だ

kusaitinagabamipuro555.jpg

クサイチゴの花は3月終わりから実はじめ
4月上旬が花の旬だ
大きい花は、早春に目を楽しませてくれる

kusaitigohanatapuro418.jpg

実がおいしいナガバモミジイチゴの花も春早く咲く
だけど、花は小さくて下向き・・・
やはりクサイチゴに目が行きがちだ・・・

kusainagahanahipuro575.jpg

クサイチゴは、ほかのキイチゴ類と同じように
茎に鋭いトゲを持っている
広がり、藪をつくっている
この藪の中に入ったら大変だ

kusaitigohanahiropuro655.jpg

図鑑では、クサイチゴは落葉になっている
だけど、暖かい場所では冬も葉が残っている

kusaitigofuyupuro755.jpg

踏み入れられない藪をつくって、
嫌われることが多いクサイチゴだが
春には、目を惹きつける美しい花を開き
とてもおいしい実をつくる、貴重なキイチゴだ

kusaitigotaepuro871.jpg

スノキはツツジ科・・

昨日、六甲ではあちこちでスノキの花が咲いていた
だけど葉が目立つ中で下向きに咲いている花は目立たない

sunokiimakeipuro176.jpg

でもスノキの花をよく見るとkたちが美しい花だ
花の色は株により多様だが・・・

sunokihanamakupuro270.jpg

スノキの花は花冠が5裂している
雌しべを取り囲むおしべは10本・・・
あれ~  ツツジと・・・

sunokihanasikupuro355.jpg

スノキとコバノミツバツツジの花を比べてみると
花の形はずいぶんと違うけれど、5裂する花冠
10本の雄しべ・・・。同じだよ・・・
スノキもツツジ科だものな・・・

sunokikobahanahipuro418.jpg

ツツジでスノキの花とよく似た花のものに
ツリガネツツジがある
こうして比べてみるとよく似ているなぁ・・・

sunokitirigahipuro586.jpg

ただ、スノキの実は黒い球形の実ができる・・・
実のようすはツツジの仲間と随分と違う
実は少し酸っぱいけれどおいしいなぁ・・

sunokimipuro651.jpg

ヤマツツジの花を楽しんだ

今日、六甲へ行くと
ヤマツツジが花の盛りを迎えていた
たくさんの花咲く様子は鮮やかで目を楽しませてくれた

yamatutujiimayopuro167.jpg

ヤマツツジの別名はアカツツジ
朱赤色の花が緑の光景の中で広がっている光景は
見事だ

yamatutujiimakeipuro278.jpg

ヤマツツジの花は株によって微妙に違っている
また、独特の花の色のミヤコツツジがヤマツツジと
交わるように、あちこちで見られた

yamamiyakozenpuro356.jpg

ミヤコツツジはヤマツツジとモチツツジとの自然交配種だ
ヤマツツジとモチツツジの中間的な様子だ
今日、モチツツジの花がまだ咲いていた

yamatutunakamahipuro418.jpg

ヤマツツジの花の上を向いた部分の花びらに
黒い斑点状のものがある
これは虫や蝶に花の中に蜜があることを知らせる蜜ようだ

yamatutujimituhyoupuro571.jpg

ヤマツツジは虫や蝶にに媒介を頼んでいる虫媒花だ
雄しべが熟す時期と雌しべが熟す時期を違えて
自家受精することを防いでいる

yamatutusibehenpuro671.jpg

今日は、たくさんのヤマツツジを見ながら
存分に楽しんだ

yamatutujitanopuro761.jpg

オカタツナミソウは多様だ

昨日、近くの山で
オカタツナミソウの花が咲き始めていた

okatatuimayopuro156.jpg

オカタツナミソウがたくさん見たところのそばで
タツナミソウの花も咲いていた

okatatutatusizehipuro256.jpg

オカタツナミソウと立浪能の花序を比べてみると
オカタツナミソウの花序短い・・・・

okatatatukajyohipuro367.jpg

オカタツナミソウの花が咲いている様子を見ると
花が茎頂に平面的に花が並んでいるように
感じることがある

okatatasupuro418.jpg

だけど、たくさんのオカタツナミソウを見ていたら
花序が比較的長いものも見る

okatakahohenpuro566.jpg

オカタツナミソウは花の時期が進むにしたがって
花序が伸びる傾向がある
だけど、そのようすは株によって多様だ

okatatumipuro671.jpg

ヤマボウシは春と秋に

今日、近くの山へ行ったら
ヤマボウシの花が咲き始めていた
それにしても遠くで・・・

yamabousiimayopuro176.jpg

無理やり望遠で・・その後トリミング・・・
まだ総苞が真っ白になっていない

yamabousiimayopuro267.jpg

やがてヤマボウシの総苞は真っ白になり
花が開いていることを虫たちに知らせる

yamaboumankeipuro377.jpg

六甲のロープウエイから見下ろして見る
ヤマボウシの花が咲く光景は最高だ
だけど…今年は・・・見られそうにない・・・
いやだなぁコロナウイルス・・・

yamabouhanakeipuro418.jpg

ヤマボウシの「花」は目立つ4枚の大きな白い総苞と
小さな丸い花序からできている

yamabouhanayousupuro533.jpg

ヤマボウシの花序をよく見ると
花は下から上へ咲き上がり
開花直後は4枚の花弁と雄しべが目立つ
やがて花弁が落ち、やがて雄しべが落ち・・・
雌しべが伸びだしてくる

yamabouhanakeikapuro671.jpg

ヤマボウシは花の時期は目を楽しませてくれる
秋に赤く熟す実はとてもおいしい
春と秋に楽しませてくれるヤマボウシだ

yamabousijyukumipuro761.jpg

ミツバツチグリの実を今年こそ

山ではまだミツバツチグリの花がたくさん咲いている
ウマノアシガタやキジムシロなど早春の明るさを
感じさせてくれる黄色い花だ

mitubatutiguriimazenpuro167.jpg

ミツバツチグリは4月初めごろから5月上旬にかけて
身近なところで目を楽しませてくれる

mitubatutigurihayapuro256.jpg

ときには一面に広がり黄色いじゅうたんを
つくってくれている

mitubatutigudagunpuro376.jpg

ミツバツチグリとヘビイチゴはよく似ている
黄色い花が咲き、葉が3小葉なのは同じだが
ミツバツチグリは葉の鋸歯が小さく整い、花弁の色がやや淡い

mitubahebihanahahipuro418.jpg

一番の違いはヘビイチゴは果実が大きく赤く熟して目立つが
ミツバツチグリの果実は目立たない
ミツバツチグリは花ばかり気がいって実が・・・
実はキジムシロと同じようなものができる

mitubahebimiihipuro566.jpg

実がミツバツチグリと同じようなものの仲間として
キジムシロやツチグリがある
キジムシロやツチグリは葉が小葉が7枚ほどの奇数複葉だ

mitubatutinakamahipuro671.jpg

そうだ!・・「ヘビイチゴ」と名がつくのに
実が大きく赤くならない・・・。つまりミツバツチグリの仲間で
オヘビイチゴがある
オヘビイチゴは葉は小葉が5枚ほどの掌状複葉だ
今年こそミツバツチグリとその仲間の実のようすを
ていねいに見ていきたい

mitubaohebihipuro761.jpg

ヤマナシはいま

今日は、しとしと雨が降っている
久しぶりの雨で、とくに六甲の植物には恵みの雨だ
いま、六甲の山上では
あちこちでヤマナシの花が目立っている

yamanasiimayopuro178.jpg

ヤマナシは六甲を明るくしてくれる春の花だ
コバノミツバツツジの花を追って花が開く

yamanasiyopuro278.jpg

ヤマナシはバラ科だ。桜の花と同じ5弁花だ
この花がたくさん咲いている光景は見事に美しい

yamanasihanamakupuro376.jpg

ヤマナシは、花と葉をほぼ同時に展開する
木によって、花と葉のようすはすごく違う
また、葉が展開したときに赤みを帯びていることも多い

yamanasikeitapuro418.jpg

ヤマナシは花が終わると実が膨れていき、秋に熟す
これはナシの原種だから、実の形は梨そのものだ
ただし、味はあまりおいしくない

yamanasimihenpuro570.jpg

ヤマナシは、冬は葉を落とし、冬の山の光景に埋もれている
春になり、冬芽を膨らませていく

yamanasisinmepuro611.jpg

そしていま、たくさんの花を開いて
六甲の山を華やかにしているヤマナシだ

yamanasiimakeipuro780.jpg

オオイワカガミの花が

昨日、六甲へ行ったとき、
オオイワカガミの花が花時を迎えていた
ち、いっても、いま土が乾ききっていて・・
水が欲しいよ~。と言っている感じ・・・
今晩は雨模様・・。まさに恵みの雨だ

ooiwakaimayopuro165.jpg

オオイワカガミは六甲の道端や林床など
案外多くみられる
ハイキングしていて目を楽しませてくれる花だ

ooiwakisitapuro265.jpg

だが、いまはコロナウイルスで・・・
残念な今年の春だなぁ・・・
このような光景を多くの人と楽しみたいのに・・・

ooiwarinsipuro355.jpg

オオイワカガミは自生種だから
株によって花の色が微妙に違う・・・

ooiwairoiropuro418.jpg

ときに、真っ白な花に出会うことがある

ooiwasiropuro571.jpg

オオイワカガミはこれから秋にかけて
じっくりと実が熟していく
増えて広がっているようがうれしい

ooiwamipuro633.jpg

ユキグニミツバツツジはいつまでも

今日、六甲の山上へ行ってみた
ユキグニミツバツツジが花の見ごろを迎えていた
もう、コバノミツバツツジは花が終わっている

yukigunimitubaimapuro1767.jpg

ユキグニミツバツツジと共演をするよ。というように
ヤマツツジがつぼみを膨らませてきていた
六甲中腹では、ヤマツツジの花がいま目立っている
が、山上ではこのようなようすだ・・・

yukiguniyamatuimahipuro216.jpg

少し前までコバノミツバツツジの花が目立っていた
それに代わってユキグニミツバツツジの花が咲いているが
花を比べてみるとユキグニミツバツツジの花の色は濃い

yukigunikobayohipuro367.jpg

わずかだが、ユキグニミツバツツジと混在するように
ダイセンミツバツツジの花が咲いている
花の色は・・。山で見ると迷うことが多い

yukigunidaizenhanahipuro418.jpg

葉を比べても・・・・
ユキグニミツバツツジの葉柄は無毛・・葉の裏は毛が多い
ユキグニミツバツツジは葉柄に毛があるが葉の裏は毛が少ない
わたしは葉の裏の毛のようすで見比べている

yukigunidaizenhahipuro561.jpg

ユキグニミツバツツジは、その近くで花が咲いている
ダイセンミツバツツジともども神戸では絶滅危惧種だ
コバノミツバツツジとは違う趣の花を
いつまでも見せ続けてほしいものだ・・・

yukigunimitubakorepuro651.jpg

ジャケツイバラは大変な工夫を

近くの道沿いでジャケツイバラの花が咲き始めていた
美しい花だが、近寄るのは嫌なものだ
鋭いトゲがかなわないから・・・

jyaketuibaraimakeipuro168.jpg

しかし、ジャケツイバラの花を見ていると
すごく努力をしていることが分かった
ジャケツイバラはマメ科だ、マメ科の仲間らしく花は5弁花だ
しかし、一つの花弁は小さい、その花弁には赤い斑文がある

jyaketuibahananituipuro287.jpg

ジャケツイバラの花弁の下にはガクがあるが
ガクはつぼみの時は緑色をしているが
花が開くにしたがってガクは反り返っていき、黄色くなっていく
ガクも花弁と同じ色になり、花をより目立つようにしているようだ

jyaketuibaragakuhenpuro350.jpg

ジャケツイバラの小さな赤い斑紋がある花弁が
受精が終わると前へ倒れこみ、赤い斑紋が見えなくなる
赤い斑紋は虫に蜜のありかを知らせていて、
受精すると斑文が見えなくなり、虫を呼び寄せていないのだ

jyaketuibarauehenhenpuro418.jpg

ジャケツイバラの花をよく見ると、赤い斑紋を下に
虫が長い口を突っ込むと蜜に到達するようになっている
その虫に花粉をつける作戦なのだ

jyaketuhanakangapuro561.jpg

花のしべのようすをよく見ると
カラスノエンドウなどの花のようすと似ている
ジャケツイバラは虫に受精の助けをしてもらうために
大変な工夫をしているのだ

jyaketusibesikupuro651.jpg

ジャケツイバラは花に虫を呼び寄せ、実をつくっていく
努力をしている。

jyaketuibarawakamihepuro768.jpg

フタリシズカの花が

近くの山道のそばでフタリシズカの花が咲きだしていた
この花はこれからしばらく楽しむことができる

futarisizukaimakepuro115.jpg

フタリシズカは二人静、ということはヒトリシズカもある
なるほそ、1本に2つの花序ができるから二人静?
ヒトリシズカは1本に花序は1本だもの・・・
でも、雰囲気がすごく違うなぁ・・・

futahitohanakehipuro267.jpg

ただ、実ができることの葉を見ればフタリシズカとヒトリシズカは
すごく似ている・・・

futahitomijihipuro356.jpg

1本に2つの花序ができるから二人静?と素直に思いたいが・・
フタリシズカは花序が1本のものも多く見る

futarisizuhitoripuro418.jpg

また花序が3本、4本あるものも見る
まぁ・・ヒトリシズカに対してフタリシズカと
名がついているのだろうな・・・

futarisizutahopuro560.jpg

フタリシズカの花は花弁も額もない
白く見えるのは3本の雄しべだ
おわん型になった3本の雄しべにくるまれるように雌しべがある

futarisizuhanakouzopuro637.jpg

1本に4枚の葉が、2組の体制の形である
フタリシズカはシンプル イズ ベストと考えているようだ

futarisizuhataipuro761.jpg

シイノキ(コジイ)の花が

近くの原生林はシイノキの花が咲いて目立っている
この森のシイノキはコジイ(ツブラジイ)だ
緑深い原生林が、すごく目立つのがこの花が咲く時期だ

kojiihanazenpuro176.jpg

秋が深まるころ里の山は落葉樹が色を染め
美しい色の光景を展開する
だが、原生林はコジイを主体とした常緑の森
緑濃い光景のままだ

kojiakifukarakuhipuro267.jpg

原生林の森の中は暗い・(雰囲気が出てない画像・・・)
花を見ることは少ない・・・

tuburagenpuro316.jpg

原生林を見上げるとシイノキが光の奪い合いをしている
少しでも空いた隙間に、枝を伸ばし、葉を広げる
それで、パッチワークのような光景をつくっている。

tuburapaltutipuro418.jpg

シイノキの花は、花序にたくさんついている
花序がたくさん・・・。栗の花が咲く光景と似ている

tuburakajyotapuro571.jpg

栗は一つの花序に雄花と雌花がついているが
シイノキは枝の下部にたくさんの雄花序がつき
枝の先のほうに少しの雌花序がつく

tuburajihanatapuro681.jpg

シイの実は秋に熟す
コジイのドングリはちいさくてパッチリ・・・
別名のツブラジイがよく似合うドングリの様子だ
それにしても、このドングリはおいしいね。
渋抜きしなくても食べらるし・・・

tuburamidapuro781.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)はいま・・

近くの山のやや湿った林縁でツボスミレの花が目立っている
ツボスミレはこのあたりのスミレでは一番最後に咲くスミレだ
と、いっても条件によっては
早い時期に花が開いているのを見ることがあるが・・・

tubosumireimakepuro176.jpg

ツボスミレの「ツボ」は坪、つまり庭という意味だ
昔は庭の横に流れる水をよく利用した生活だった
身近なところで見るスミレだったのだろう・・・

tubosumirehanahapuro278.jpg

ツボスミレの花は小さいくて、
花の中に赤紫色のアクセントがありかわいい

tubosunagabahipuro365.jpg

ツボスミレの距は太くて短い
距のようすもかわいいなぁ・・・

tubosumirehanakyopuro418.jpg

ツボスミレの別名はニョイスミレ・・・
花形が仏具の如意に似ているところから名がついている
ツボスミレは有茎のスミレ、柱頭はカマキリ型をしている
だけど、柱頭が見えに水・・・

tubosuzentyuupuro587.jpg

ツボスミレの変種にアギスミレやヒメアギスミレがあり
非常に湿ったところで見かける
アギスミレやヒメアギスミレは花の後葉がブーメラン状になる

tuhimeagisupuro680.jpg

小さなかわいい花のツボスミレはたくさんの花を開き
スミレの季節の最後を飾っている・・・

tubosumiregunpuro761.jpg

キンランをいつまでも

今日、近くの山を見るとキンランが目についた
「えっ!、まだつぼみ・・・。今年の開花は遅いなぁ・・・」
キンランはゴールデンウイーク頃が花の見ごろだったのに

kinranimayopuro156.jpg

と、思って歩いていると開花したキンランが・・・
「でも、花を見られたくないよ・・」といっているように
花の中がのぞき込めない・・・

kinraniyapuro251.jpg

数日前、近くの山でギンランを見た
ギンランは小さくてあまり目立たない
でも清楚で感じがよいね

kiginranpuro299.jpg

キンランの花はすごく華やかだ
この花に出会えばうれしくなるのだが・・・

kinranmanyopuro356.jpg

以前は、近くでたくさんのキンランを見ていた
だが、盗掘などにより、見ることがすごく少なくなったキンランだ
また、このようなキンランの群落を見たいものだ

kinrangunpuro418.jpg

キリは花の時期が・・・

いま、近くではキリの花が目立ってきている
花と葉がほぼ同時い展開してくるが
この時期は大きい花が目立つ

kiriimahajimepuro175.jpg

キリの花は花序の上から下へと咲き下がっていく

kirihanasakikapuro276.jpg

今年は霧の花の開花は少し遅い
例年はこの時期はキリの花が満開のことが多い

kirihanamanpuro365.jpg

まもなくキリは花の時期の終わりを迎えてくる
花が終わって間もなく実が膨れだす
豪華な花がパッと咲いて、すぐに花期が終わるキリだ
美しいだけに桜同様、花のはかなさを感じる

kiriuekarapuro418.jpg

キリの実は急速に膨れ
あっというまに大きな実のなるが・・・
見た目は、その状態で秋遅くまで変化をほとんど感じない

kiriwakamipuro651.jpg

だがキリは、一年中、猛烈な努力をし続けている
夏ごろにキリを見ると、もう来年の花のつぼみができている
この時期の花からできた実はかわらない・・・
よく見るとその前の年の古い実が残っていることが多い

kiriakiyopuro781.jpg

キリは秋遅くに実が熟し、やがて実が割れる
実が割れた状態が長く続いている
割れた実の割れ目から種が風に飛ばされていくのだ
一瞬の花の時期が目立つきりだが・・・
年中、多大な努力をしているキリなのだ

kirimitaneyoupuro876.jpg

ツクバネウツギは見れば見るほど

今日、近くの山を見ると
「えっ! これツクバネウツギだよね?」
びっくりなツクバネウツギを見た

tukubaneutukipuro165.jpg

花の後ろのガクの数は5枚だ
ということはツクバネウツギだが・・・
花の色が淡黄色・・・
コツクバネウツギのような雰囲気の色だ・・・

tukubanekkihanagakupuro256.jpg

このあたりの山ではツクバネウツギは見ることが多い
白い花が美しいツクバネウツギだ

tukubaneutuseipuro367.jpg

なかまのコツクバネウツギの花を見ることも多い
花は淡黄色だが、ガクの数は2から3枚だ

tukotukubanepuro418.jpg

今日の「ツクバネウツギ」の花は
コツクバネウツギに近い花の色だ・・・

tukubanekihikapuro586.jpg

ガクの数が5枚という特徴のツクバネウツギだが
ときに、今日のように花の色が特徴的なものを見ることがある

tukubaneirokihikapuro688.jpg

それだけじゃない、ガクの数が5枚とは限らない
ガクの数が4枚や6枚の花を見ることがある
見れば見るほど多様なものを見るツクバネウツギだ

tukubanegakuiropuro755.jpg

トリガタハンショウヅル(ブログをきょうから再開)

長らくブログがかけずに時が過ぎた
からだは元気なのだがパソコンが・・・・
データーを入れている2Tの内蔵ハードディスクが壊れて・・・
まえのパソコンから載せ替えたものだったから寿命だったようだ
おかげでデーターが・・・。
画像を入れている3Tの内蔵ハードディスクは大丈夫だったが・・・
ところでバックアップしている外付けのハードディスクを
データーのものを捨ててしまっていた
システムを入れているのはあたらしいSDDだからだいじょうぶ・・・。
でもバックアップは大事だ・・・
画像のバックアップのものと間違えて・・・データがまったくない状態・・・
だから画像はバックアップのハードディスクが2重にあるのだが
データーのものがなくなってしまった
データーの復旧にはまだ日にちがかかりそうだが、とりあえず
今日からブログをはじめてみる
近くの山で、トリガタハンショウヅルの花が目立っている

torigatahansyouduruimapuro153.jpg

と、いっても淡クリーム色の美しい花なのだが・・・
あまり花咲く様子が目立たない

torigatahansyouduruimahanapuro267.jpg

トリガタハンショウヅルの花は4月中旬ごろから見かける年が多い・・・
この花は今年は少し遅いのかなぁ・・・。早い花を多く見る今年なのに・・

torigatahanhanatapuro387.jpg

このあたりで見る仲間では、花がピンク色を帯びた
ハンショウヅルを見る
といってもハンショウヅルの花を見るのは5月終わりから6月だ

torihanhansyohipuro418.jpg

トリガタハンショウヅルは高知県の鳥形山で見られ、
花の形が(火の見櫓の)半鐘に似ているとして名がついた
しかし、若い人にとっては半鐘は見たことがないものだろうなぁ・・・
花には花弁がなく、花弁のように見えるのはガクだ

torihanhanamapuro578.jpg

トリガタハンショウヅルは花が終わった後、実をつけるが
実のようすはセンニンソウの実と似ている
今年は好みが熟す時期には山に見に行くことができるかなぁ・・・
いやなコロナウイルスの被害だ・・・

torihansenmihipuro671.jpg