キョウチクトウの実が割れて

キョウチクトウの木を見つけ、よく見ていたら
実が割れて、綿毛がついた種がたくさん見えていた
種が風に流され運ばれるのだ

kyoutikutouimamipuro155.jpg

近くの野山でよく見るテイカカズラも実が割れて
綿毛がついた種が顔を出していた
キョウチクトウとテイカカズラはどちらも
キョウチクトウ科だ

kiteikaimamipuro256.jpg

キョウチクトウとテイカカズラの種を見比べると
実によく似ている

kyoutikuteikaimamihipuro351.jpg

スクリュウのようにねじれてついている花冠
雌しべは奥の方にあることも
キョウチクトウの花とテイカカズラの花は
同じ仕組みだ

kiteikahanahipuro418.jpg

花に来た虫も特別な種でなければ奥の方にある雌しべに
受粉させることは困難なようだ
原産とにはそのような虫は多いのだろうが、この近辺には
少ないようで、花はたくさん咲くが
できる実は少ない
だけど、神戸の南面の山や市街地では実が多くできている
キョウチクトウやテイカカズラを見ることがある

kyouteikamitahipuro586.jpg

実が熟すこの時期はキョウチクトウを興味深く見て
楽しんでいるが
美しい花が咲くときは、何もかも忘れて
花を愛でることができるキョウチクトウだ

kyoutikutouhanakepuro671.jpg