タチツボスミレの花がいま

今日、六甲を歩いているとタチツボスミレの花がたくさん咲いていた
淡い色のタチツボスミレの花はすごく明るい雰囲気をつくっている

画像


タチツボスミレは広くひろがり
あちこちで花園をつくっている

画像


神戸でよく見る「タチツボスミレ」の名をもつスミレは
山でよく見るタチツボスミレ
低山や里で見ることが多いナガバノタチツボスミレ
日当たりがよいところを特に好むニオイタチツボスミレがある
この3種のスミレは花の濃淡の違いはよく分かる違いの一つだ

画像


ニオイタチツボスミレは花柄を見ると毛が多くあるが
タチツボスミレ、ナガバノタチツボスミレは花柄は無毛だ

画像


ナガバノタチツボスミレは特に花後に葉が細長いものが多くなるが
花のころまでは葉の形がタチツボスミレの葉と似ているものが多い
タチツボスミレの葉はナガバノタチツボスミレの葉と比べて質が薄い

画像


タチツボスミレ系の托葉は櫛の歯状に深く切れ込むが
ナガバノタチツボスミレは托葉がより鋭く切れ込む

画像


神戸の仲間の「タチツボスミレ」のなかで特に明るく優しいタチツボスミレ
いま六甲の山上で広がって花が咲き乱れている
春の六甲の大好きな光景の一つだ

画像

"タチツボスミレの花がいま" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント