アワブキの名の由来

昨日、山を歩いているとアワブキの枝が目の前にのびてきていた

画像


アワブキは見ることは案外多い木だが目の前で
枝などが見られるところは貴重だ
枝の先を見るともう冬芽の形をしている
冬にアワブキの冬芽をじっくり見られる

画像


今年はアワブキに思わぬところで出会うことが多かった
花のときに案外近くでアワブキの花を楽しんだ

画像


アワブキは花の時は目立つけれど実の時期は見逃しがちだ
アワブキの実も美しい
今年はアワブキの実の時期も思わぬところで出会えるかな

画像


アワブキの白い花が咲く光景は
白い泡が出ているように見えて「泡吹」の名にふさわしい
と思うが・・・

画像


アワブキの名の由来は「枝を火であぶると切り口から泡が
出てくる」ことから名がついている
そのことを確かめたくて・・・でも山で火を燃やしたら危険だ
枝を切って家へもって帰った

画像


持ち帰ったアワブキの枝を火であぶってみた
すると、すぐに切り口から泡が出てきた

画像


これがアワブキの名の由来の現象なのだ

画像

"アワブキの名の由来" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント