ニオイスミレの花が

近くの遊歩道でニオイスミレの花が咲いていた
ニオイスミレはヨーロッパや西アジア原産のものである
香料をとるために栽培されてきたことが多いとか
そこで「ニオイスミレ」なのだが・・あまり匂いを感じないのだが・・

画像


ニオイスミレはナポレオンが愛したスミレとして有名なそうだ
栽培されていたものが逸脱したものがよく見る

画像


ニオイスミレはスミレ科ニオイスミレ属だ
ニオイスミレ属で身近に見るものにアオイスミレがある
アオイスミレは山で見るが見ることが少ないスミレだ

画像


ニオイスミレとアオイスミレはさすがに同属
柱頭や距のようすなど、花はよく似た雰囲気だ

画像


アオイスミレは葉が徳川家の葵の御紋の原型になったものとして有名だ
ニオイスミレ、アオイスミレともども
葉のかたちがフタバアオイの葉とよく似ている

画像


ニオイスミレは香水だけでなくコサージュ用の切り花としても
利用されてきたという
道端などで広がっているのをよく見るニオイスミレが
今後もうまく利用され、人間と共存出来たらいいなと思う

画像

"ニオイスミレの花が" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント